経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「協力プラン」の具体化に関する日露ハイレベル作業部会第2回会合を開催しました

本件の概要

2月22日(木曜日)、世耕経済産業大臣兼ロシア経済分野協力担当大臣は、オレシュキン・ロシア連邦経済発展大臣兼対日貿易経済協力担当大統領特別代表とともに、「協力プラン」の具体化に関する日露ハイレベル作業部会第2回会合を開催しました。また、これに先立ってノヴァク・ロシア連邦エネルギー大臣と第5回エネルギー・イニシアティブ協議会を開催しました。

1.「協力プラン」の具体化に関する日露ハイレベル作業部会の開催

世耕経済産業大臣兼ロシア経済分野協力担当大臣は、オレシュキン・ロシア連邦経済発展大臣兼対日貿易経済協力担当大統領特別代表とともに、「協力プラン」の具体化に関する日露ハイレベル作業部会第2回会合を開催しました。
日本側からは野上浩太郎内閣官房副長官、長谷川榮一内閣総理大臣補佐官及び関係省庁の次官級、ロシア側からはノヴァク・アレクサンドル・ヴァレンチーノヴィチ・ロシア・エネルギー大臣及び関係省庁の次官級等が出席しました。
冒頭、世耕大臣から、2月11日にロシアのモスクワ近郊で発生した民間航空機の墜落の犠牲者に哀悼の意を表しました。その後、世耕大臣より、安倍総理大臣からプーチン大統領に提示した8項目の「協力プラン」(注)が日露関係の重要な礎になっていると指摘し、最大限の成果を生み出していくべく8項目全体の進捗について議論したいとの考えを述べました。
また、野上副長官から、2月20日に総理官邸で行われた日露交流促進官民連絡会議にも言及しながら、両国の官民の力を結集して、日露経済関係を充実させていきたいとの考えを述べました。
これに対し、オレシュキン大臣からは、8項目の「協力プラン」の具体化に向けられた日露双方の取組を肯定的に評価するとともに、ロシアが重視している労働生産性の向上やデジタル経済分野を含め、日露経済関係の更なる発展への期待が表明され、ノヴァク大臣からは、エネルギー分野での更なる協力の深化に対する期待が表明されました。
今回の会談の結果、双方は、8項目の「協力プラン」の更なる具体化を含め、5月にもあり得べき安倍総理大臣のロシア訪問に向け、日露経済関係の更なる発展に向けて引き続き協力していくことで一致しました。

「協力プラン」の具体化に関する日露ハイレベル作業部会
署名式
共同記者発表
署名文書交換

2.第5回エネルギー・イニシアティブ協議会の開催

世耕大臣は、ノヴァク・エネルギー大臣とともに、第5回エネルギー・イニシアティブ協議会を開催しました。炭化水素、原子力、再生可能エネルギー・省エネルギーの各分野での具体的な協力案件の確認、今後のさらなる推進に向けた協議を行いました。

担当

通商政策局 欧州課長 南
担当者:ロシア・中央アジア・コーカサス室 岡本
電話:03-3501-1151(内線3005~7)
03-3501-2838(直通)
03-3580-5880(FAX)

資源エネルギー庁国際課長 田中
担当者:石井
電話:03-3501-0598(直通)
03-3595-3056(FAX)

公表日

平成30年2月22日(木)

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.