経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「シリコンバレーD-Lab×素形材産業セミナー」を開催しました~モビリティ・イノベーションと未来成長へのきっかけ~

本件の概要

3月29日(水曜日)、「シリコンバレーD-Lab×素形材産業セミナー~モビリティ・イノベーションと未来成長へのきっかけ~」を開催しました。
シリコンバレーへの進出やモビリティ・イノベーション、自動車産業の変革に関心のある素形材企業や自動車関連企業、大学や金融機関、地方自治体等から総勢約300名が参加しました。
また、この度、シリコンバレーD-Labプロジェクトのレポートが公開されました。

1.開催趣旨

モビリティ・イノベーションがシリコンバレーでは起き始めています。シェアリング、コネクテッド、電気自動車、自動運転がこれまでにない勢いで発展しており、我が国の製造業、とりわけ自動車産業に大きな影響を与えると考えられます。
本セミナーでは、シリコンバレーD-Labプロジェクト※1の主要メンバー及び素形材産業海外ミッション※2の参加企業をお招きしてシリコンバレーで何が起きているのか、将来自動車産業にどのようなインパクトがあるのか、海外進出するためには何が必要か、そもそもシリコンバレーで日本の製造業が活躍できるのかなど、今後のビジネスを模索する上で参考となる情報を発信しました。

※1シリコンバレーD-Labプロジェクト
シリコンバレーD-Labプロジェクトは、シリコンバレーで自動車業界に起きている変化を日本に伝えるシリコンバレー在住の日本人による有志活動として生まれたプロジェクト。シリコンバレーの自動車業界のリーダー、有識者へのインタビューから得られた成果を日本の自動車産業に携わる方々、特にシリコンバレーなどに拠点を持たない部品・素材メーカーの方々に広く伝える事を目的としており、これまでに、トヨタリサーチインスティテュート、スタンフォード大学、スタンフォード大学の産学連携促進団体である「CARS」等の協力を得ております。

※2素形材産業海外ミッション
経済産業省では、昨年に引き続き本年2月、海外進出を模索している素形材企業十数社とともにシリコンバレーを訪問するミッションを実施。自動車産業の破壊と創造が目前に来ていることを感じつつ、実はシリコンバレーは試作等が活発に行われる一大製造拠点で日本企業並みの技術もあること、一方で技術力のある日本企業には十分チャンスがあること、チャンスを生かすためには相応の行動力が必要なことなどを感じました。

2.開催概要

日時:平成29年3月29日(水曜日) 13時30分~17時00分
場所:経済産業省地下2階講堂

【開会挨拶】
冒頭、蘆田素形材産業室長から開会の挨拶として、シリコンバレーではモビリティ・イノベーションが起き始めており、我が国の製造業、とりわけ自動車産業に大きな影響を与え、また素形材産業も含んだ大きな変革のうねりになり得るものである。これをチャンスと捉え、シリコンバレーで何が起きているのか、将来自動車産業にどのようなインパクトがあるのか、シリコンバレーで日本の製造業が活躍できるのか、など感じていただき、皆様が新たなビジネスを模索する上でのきっかけの一つにしていただきたいと参加者へ呼びかけました。
【素形材産業海外ミッション報告】
素形材産業室より、平成29年2月27日~3月1日にかけて実施した素形材産海外ミッション(アメリカ・シリコンバレー)について、ミッションの狙いと全体工程、ミッションを通じて得られた気づき等について報告しました。
【シリコンバレーD-Lab講演】
シリコンバレーで自動車業界に起きている変化を日本に伝えるシリコンバレー在住の日本人による有志活動として生まれたプロジェクト「シリコンバレーD-Lab」、シリコンバレーで数多くの製造業に携わるアドバイザー、既に米国に進出した企業から登壇いただき、シリコンバレーで起き始めているモビリティ・イノベーションの動きや、それぞれの立場や経験から見たシリコンバレーでのビジネスの可能性等についてご講演いただきました。
(登壇者:講演順)

  • シリコンバレーD-Lab 森 俊彦(パナソニック)、木村 将之(トーマツベンチャーサポート)
  • 遠藤 吉紀(ビーンズインターナショナル 社長)
  • 山本 勇輝(HILLTOPTechnologyLaboratory,Inc. 社長)

【素形材産業パネルディスカッション】
素形材産業海外企業ミッション参加企業からパネリストとして登壇いただき、ミッションへの参加を通じて得られた気づきやシリコンバレーでのビジネスの可能性等についてディスカッションを行いました。

3.シリコンバレーD-Labプロジェクトのレポート

本レポートは、シリコンバレーD-Labが様々な有識者へのヒアリングや各種調査・データ等を踏まえ見解をまとめたものです。
以下、URLよりご覧いただけます。

担当

製造産業局素形材産業室長 蘆田
担当者:岡本、織原 
電話:03-3501-1511(内線 3827~9)
03-3501-1063(直通)
03-3501-6799(FAX)

公表日

平成29年4月4日(火)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.