経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

World Robot Summitの競技種目の概要(ドラフト)に対する意見募集を開始しました

本件の概要

経済産業省と国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)はWorld Robot Summit(WRS)の競技種目の概要(ドラフト)を公表し、意見の募集を開始しました。また、パートナーロボットチャレンジとスクールロボットチャレンジで使用するロボットを公募の結果、決定しました。

1.World Robot Summit(WRS)の概要

WRSは、人間とロボットが共生し協働する世界の実現を念頭に、世界のロボットの叡智を集めて開催する競演会です。WRSでは、ロボットの競技会「World Robot Challenge」と、最新のロボット技術を展示する「World Robot Expo」を介して、世界中のロボット関係者が一堂に集まり、リアルな日々の生活、社会、産業分野でのロボットの社会実装と研究開発を加速させることを目的とします。

名称 開催地 日程
World Robot Summit 2018 東京ビッグサイト 2018年10月17日~21日
World Robot Summit 2020 愛知県国際展示場
福島ロボットテストフィールド
2020年10月上旬
2020年8月中旬

2.競技種目の概要(ドラフト)

競技種目の概要(ドラフト)を別添のとおり公表し、意見の募集を開始します。今後、トライアル等を実施し、見直していく予定です。ご意見は、2017年6月末までに添付の様式に必要事項を記載の上、こちらメールリンクまでご提出ください。


カテゴリー 種目
ものづくり 製品組立チャレンジ
サービス パートナーロボットチャレンジ(家庭内の各種作業支援チャレンジ)
フューチャーコンビニエンスストアチャレンジ(店舗における各種業務の自動化チャレンジ)
インフラ・災害対応 プラント災害予防チャレンジ
トンネル事故災害対応・復旧チャレンジ
災害対応標準性能評価チャレンジ
ジュニア スクールロボットチャレンジ
ホームロボットチャレンジ

3.競技で使用するロボット

競技種目のうち、パートナーロボットチャレンジ(家庭内の各種作業支援チャレンジ)とスクールロボットチャレンジで使用するプラットフォームロボットを公募の結果、決定しました。これらの種目については、WRSが指定する以下のプラットフォームロボットを使用して競技を行います。参加チームには、プラットフォームロボットが一定の条件の下に提供される予定です。

カテゴリー 種目 プラットフォームロボット 提供企業名
サービス パートナーロボットチャレンジ
(家庭内の各種作業支援チャレンジ)
Human Support Robot トヨタ自動車株式会社
ジュニア スクールロボットチャレンジ Pepper ソフトバンクグループ株式会社

担当

製造産業局産業機械課ロボット政策室長 安田 
担当者: 栗原、服部
電 話:03-3501-1511(内線 3819~20)
03-3501-1049(直通)
03-3580-6394(FAX)

公表日

平成29年4月8日(土)

関連資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.