経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

ウェアラブル等のITを活用した働き方改革に係る懇談会を開催しました

本件の概要

個人個人の特性に応じた「多様で柔軟な働き方」を実現し、我が国が持続的に経済成長していくためには、生産性向上や、一律機械的ではない個人に注目した健康管理が行われることが重要です。
今回、ウェアラブル機器などの最新技術を活用した「生産性向上」や「健康確保」に取り組む事業者の方々と世耕経済産業大臣との懇談会を開催しました。
本年3月28日に政府の働き方改革実現会議において、時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金の導入など、働き方改革の実行計画が取りまとめられました。

1.背景・趣旨

本年3月28日に政府の働き方改革実現会議において、時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金の導入など、働き方改革の実行計画が取りまとめられました。今後は、働き方改革を生産性の向上と経済成長へとつなげていくフェーズになります。
特に、副業・フリーランスなど「多様で柔軟な働き方」や、技術進化にマッチした人材投資の拡充、そして、HRテクノロジーを活用した働き方改革などに取り組むことが重要です。
今回、ウェアラブル等のITを活用した「生産性向上」や「健康確保」などに取り組んでおられる企業や有識者の方々をお招きし、最先端のITやAI、ビッグデータを駆使した技術・サービス開発の状況や働き方改革について意見交換する、世耕弘成経済産業大臣との懇談会を実施しました。

2.参加者

井上一鷹(いのうえかずたか)(株式会社ジンズJINSMEMEGrマネージャー)
矢野和男(やのかずお)(株式会社日立製作所理事研究開発グループ技師長)
谷本潤哉(たにもとじゅんや)(株式会社O:(オー)CEO)
鹿妻洋之(かづまひろゆき)(JEITAヘルスケアインダストリ部会幹事ヘルスケアIT研究会主査)
津下一代(つしたかずよ)(あいち健康の森健康科学総合センターセンター長)
敬称略

担当

経済産業政策局産業人材政策室参事官 伊藤
担当者:藤田、白石、藤岡
電話:03-3501-1511(内線2671~4)
03-3501-2259(直通)
03-3501-0382(FAX)

公表日

平成29年4月24日(月)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.