経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

日本とアルゼンチンとの間の貿易と投資の強化に関する協力のためのロードマップ2017を策定しました

本件の概要

本日、経済産業省は、アルゼンチン工業生産省とともに、マウリシオ・マクリアルゼンチン共和国大統領の訪日に際し、「日本とアルゼンチンとの間の貿易と投資の強化に関する協力のためのロードマップ2017」を策定致しました。

1.背景

アルゼンチンは、豊かな食料、鉱物・エネルギー資源及びASEANと同経済規模のメルコスールの一員であり、高いポテンシャルを有しております。

また、2015年12月にマクリ政権が発足後、自由開放的な経済財政政策及び国際金融市場への復帰など着実に実績を積み上げていることから、我が国を含む世界各国から高い関心が寄せられています。

2.日本とアルゼンチンとの間の貿易と投資の強化に関する協力のためのロードマップ2017について

マクリ・アルゼンチン大統領の訪日に際し、当省及びアルゼンチン共和国工業生産省により設置された日本アルゼンチン貿易投資合同委員会は、「日本とアルゼンチンとの間の貿易と投資の強化に関する協力のためのロードマップ2017(以下「日本アルゼンチンロードマップ2017」という)」を策定致しました。

日本アルゼンチンロードマップ2017は、日本・アルゼンチン経済関係強化のための初めての取組です。

具体的には、ビジネス視点の共通の目標を設定し、PDCA(Plan、Do、Check及びAction)サイクルを導入し、日本アルゼンチン貿易投資合同委員会にて、日本アルゼンチンロードマップ2017の実施状況を評価し、毎年見直していきます。

なお、2017年は、投資インセンティブ、日本企業のデューディリジェンス支援、特許審査ハイウェイ等を掲示したところです。

担当

通商政策局中南米室長 菅原
担当者:武、塚尾
電話:03-3501-1511(内線 2997~8)
03-3501-2817(直通)
03-3580-4610(FAX)

公表日

平成29年5月19日(金)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.