経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「質の高いインフラパートナーシップ」のフォローアップ策に係る制度拡充を行いました

本件の概要

経済産業省は、外務省及び財務省と協力し、「質の高いインフラパートナーシップ」のフォローアップ(2015年11月)において発表した、円借款の魅力を更に向上させるための新たな制度や対応についての考え方を整理したところ、概要は以下のとおりです。

1.ハイスペック借款

「質の高いインフラ」を推進すると特に認められる案件に対し、譲許性の高い借款を供与するため創設したハイスペック借款については、資料1の「ハイスペック借款の基本的な考え方について」に基づき、当該条件の適用について具体的な案件毎に個別に検討します。

2.サブ・ソブリン向け円借款

途上国の政府機関や地方公共団体等のサブ・ソブリン主体に対して供与する円借款において、例外的に政府保証を免除する場合には、他のファイナンスツールだけでは案件が組成できないこと、当該国のマクロ経済状況・財政事情、国際収支の状況に照らして問題がないこと、プロジェクトのリスク顕在化の蓋然性が小さいこと(政府保証に代わる当該国の実質的かつ十分なコミットメントがあること)、相手国政府の重要政策としてのコミットメントが認められることなど各種要件が満たされることを確認の上、どの程度政府保証を免除するか等を含め、経協インフラ戦略会議においてケース・バイ・ケースで決定します。

3.ドル建て借款

なお、昨年4月に創設したドル建て借款の供与条件は資料2のとおりです。

担当

貿易経済協力局資金協力課長 比良井
担当者:中沢
電話:03-3501-1511(内線3161~3)
03-3501-5869(直通)
03-3501-5899(FAX)

公表日

平成29年5月24日(水)

関連資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.