経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「Connected Industries」大臣懇談会を開催しました

本件の概要

本年3月に開催されたドイツ情報通信見本市に、安倍総理、世耕経済産業大臣他が出席し、目指すべき産業の在り方として「Connected Industries」の概念を提唱しました。

第四次産業革命による技術の革新を踏まえて、将来的に目指すべき未来社会である「Society5.0」を実現していくため、様々な繋がりによって新たな付加価値の創出や社会課題の解決がもたらす、「Connected Industries」を実現していくため、今後官民で取組を進めていきます。

今回、そのキックオフとして産業界や有識者の方々と世耕経済産業大臣との懇談会を開催しました。

1.背景・趣旨

第四次産業革命による技術の革新を踏まえて、将来的に目指すべき未来社会である「Society5.0」を実現していくためには、産業の在り方も変革して行くことが必要です。

本年3月にドイツで開催されたドイツ情報通信見本市(CeBIT、我が国はパートナー国として参加)では、安倍総理、世耕経済産業大臣他が出席し、目指すべき産業の在り方として「Connected Industries」の概念を提唱しました。

既存産業とデジタル技術の「つながり」をはじめとして、機械、データ、技術、ヒト、組織など様々なものの繋がりによって新たな付加価値の創出や社会課題の解決がもたらされるよう、今後「Connected Industries」を実現していくため、官民一体となって具体的な取組を進めていきます。

今回、そのキックオフとして、担い手となる産業界の代表や有識者の方々を招聘し、Connected Industriesの実現に向けた官・民双方の取組について議論する、世耕弘成経済産業大臣との懇談会を実施しました。

大臣懇談会では、スマートものづくり、バイオ×デジタル、人工知能(AI)活用等がもたらすConnected Industriesの具体例に触れつつ、産業界及び有識者の方々と世耕経済産業大臣との間で活発な議論が行われました。

2.参加者

稲葉善治 ファナック(株)代表取締役会長兼CEO/(一社)日本ロボット工業会会長
大宮英明 三菱重工業(株)取締役会長/(一社)日本機械工業連合会会長
小林喜光 (株)三菱ケミカルホールディングス取締役会長/(公社)経済同友会代表幹事
西川廣人 日産自動車(株)代表取締役社長兼CEO/(一社)日本自動車工業会会長
ジャスパー・チャン アマゾンジャパン(同)社長
冨山和彦 (株)経営共創基盤代表取締役CEO/IoT推進ラボ座長
西川徹 (株)PreferredNetworks代表取締役社長兼CEO
東原敏昭 (株)日立製作所執行役社長兼CEO/(一社)電子情報技術産業協会副会長
牧野正幸 (株)ワークスアプリケーションズ代表取締役最高経営責任者
森雅彦 DMG森精機(株)代表取締役社長/(一社)日本工作機械工業会副会長
山西健一郎 三菱電機(株)取締役会長/(一社)日本経済団体連合会次期副会長

(五十音順、敬称略)

3.【参考】Connected Industries(CI)の実現に向けた取組

担当

商務情報政策局情報経済課長 佐野
担当者:河野、萩谷、戸田
電話:03-3501-1511(内線3961)
03-3501-0397(直通)
03-3501-6639(FAX

公表日

平成29年5月29日(月)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.