経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「照明用有機ELモジュールの安全性」に関する国際標準の検討が始まります~省エネルギー性に優れた有機EL照明の普及促進を目指して~

本件の概要

国際電気標準会議(IEC)において、我が国から国際標準化を提案した「有機ELモジュールの安全性」について、国際標準の開発が開始されることになりました。当該国際標準が発行されることにより、有機EL照明の主要部品となるモジュールの安全性等が適正に評価され、ひいては有機EL照明の普及と適正な市場形成が促進されることが期待されます。

1.経緯

急速な経済成長を遂げつつあるアジア新興国をはじめとして、近い将来のエネルギー需給の逼迫が大きな懸念事項となっており、省エネ製品/技術の導入に関心が集まっています。
照明の分野では、省エネルギー性が高い次世代照明と呼ばれるLED照明や有機EL照明に大きな期待が寄せられています。特に、点光源であるLEDとは異なる、面光源である有機ELを用いた照明は、その特徴を活かして、用途を拡大して普及していくことが期待されています。
しかしながら、照明用の有機ELパネル自体の安全性についての国際規格は発行されているものの、有機ELパネルを点灯するための制御装置を内蔵した「有機ELモジュール」については、安全性についての国際的な規格がなく、モジュール全体としての安全性を証明することが大きなコストとなっており、普及の妨げとなっていました。
そのような状況を受け、経済産業省からの委託※1を受けた国立大学法人山形大学及び一般社団法人日本照明工業会が、制御装置内蔵照明用有機ELモジュールの安全性等についての検討・開発を行い、その成果を元に、IECの照明に関する専門委員会(IEC/TC34)※2に国際標準の策定を提案したところ、この度、IECにおいてその提案が承認され、今後、我が国からの提案を元に、国際標準の検討が行われることになりました※3。

2.提案の内容

今回、日本から提案した国際標準案は、一般照明用に利用される制御装置内蔵形有機ELモジュールの安全要求事項を規定したものであり、具体的には、次のような技術的基準を定めることを提案しています。

  1. 一般的事項:適用範囲、引用規格、用語及び定義 など
  2. 構成・機械的事項:表示、構造、端子、ねじ、耐熱性・耐火性 など
  3. 電気的要求事項:通電部及び接続部、保護接地、故障状態 など
  4. その他の要求事項:光生物学的安全性、など

3.期待される効果

当該国際標準が発行されることにより、有機ELモジュールの安全性の証明が容易になることでコスト低減につながり、ひいては有機EL照明の普及が促進されることになり、その特徴や省エネのポテンシャルによって将来にわたって大幅な省エネルギーが促進されることが期待されます。

※1:エネルギー使用合理化国際標準化推進事業委託費(省エネルギー等国際標準共同研究開発・普及基盤構築事業:有機EL照明の性能評価等に関する国際標準化・普及基盤構築)において、国立大学法人山形大学一般社団法人日本照明工業会が受託し、実施(平成26~28年度)。
※2:IEC/TC34は、照明に関する国際標準化を推進し、平成28年は、22件のIEC規格及び技術報告書(内、1件は日本提案)を発行。TC34の中のSC34Bの国際議長は一般社団法人日本照明工業会技術部担当部長の杉山謙二氏が担当。
※3:プロジェクトリーダー(取りまとめ役)に、NECライティング株式会社 川島康貴氏が就任することが決定済み。

担当

産業技術環境局 国際電気標準課長 森田
担当者:田場、堀坂
電 話:03-3501-1511(内線 3428~9)
03-3501-9287(直通)
03-3580-8631(FAX)

公表日

平成29年6月28日(水)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.