経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

第18回経済産業省と中国商務部との次官級定期協議を開催しました

本件の概要

平成29年6月27日(火曜日)、経済産業省において、片瀬裕文経済産業審議官と、高燕(こう・えん)中国商務部副部長との間で次官級定期協議を開催しました。本協議は1990年に創設され、今回は18回目の開催となります。
今回は、サービス、省エネ、環境等の分野での日中両国による協力や、貿易投資に係る課題と解決策、マルチの枠組みにおける協力等に関する意見交換を行い、経済産業省と商務部との対話、交流をより一層深めていくことに一致しました。
また、来年は、中国において第19回次官級協議を開催することに合意しました。

1.二国間での貿易投資上の課題解決に係る協力

日中双方で、サービス産業に関する覚書を締結した上で、ビジネス協力を促進する「日中サービスフォーラム」を新設することに合意しました。本年第11回を開催予定の「日中省エネルギー・環境総合フォーラム」については、日中協力の成功事例を中国各地で紹介・普及するなどの新たな取組みを検討することにつき一致しました。また、知的財産権分野での協力、自動車流通分野での交流につき、積極的に進める方針で一致しました。
中国側から、対中AD調査での第三国価格使用に関する問題提起があり、双方の見解を意見交換しました。また、経済産業省と中国商務部の立場から、インフラ政策について意見交換しました。
日本側から、中国の外資規制緩和、鉄鋼及びアルミ分野における過剰供給解消に向けた取り組みについて問題提起し、議論しました。鉄鋼分野については、過剰供給解消の観点からも鉄鋼分野での二国間対話が有意義であることにつき一致しました。
その他、貿易投資上の課題につき意見交換し、双方の考えにつき理解を深めました。

2.グローバル及び地域における両国の協力

日中韓での協力やFTA交渉、RCEP交渉、WTO協定等につき、日中双方の方針を説明し、意見交換しました。

3.その他

第19回の経済産業省と商務部との次官級協議を来年中国で開催すること、第11回日中省エネルギー・環境総合フォーラムを本年末頃に日本で開催すること等、経済産業省と商務部との対話、交流をより一層深めていくことについて一致しました。

担当

通商政策局北東アジア課長 星野
担当者:依田、佐伯
電話:03-3501-1511(内線 3016~9)
03-3501-0531(直通)
03-3501-6024(FAX)

公表日

平成29年6月28日(水)

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.