経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

平成29年度情報化促進貢献個人等表彰の受賞候補者の推薦公募を開始します

本件の概要

経済産業省では、1972年から毎年、経済社会の情報化の促進に貢献したと認められる個人・企業等(企業、団体、教育機関等)を表彰する「情報化促進貢献個人等表彰」を行っております。今般、平成29年度の受賞候補者の推薦公募を開始いたしました。

1.情報化促進貢献個人等表彰の趣旨

本表彰は、経済社会の情報化の促進に貢献したと認められる個人、企業等を表彰することにより、国民の情報化に対する認識を高めるとともに国民生活の向上及び国民経済の健全な発展に寄与することを目的とするものです。
毎年10月に開催される情報化月間の行事の一環として、1972年から継続的に実施しており、本年度で46回目となります。

2.表彰の対象の概要

本表彰の趣旨は下記のとおりです。なお、表彰の対象や推薦の要件等の詳細は、別添の推薦要領をご参照ください。

情報化促進貢献個人等表彰(経済産業大臣表彰)
高度な情報処理技術の研究・開発、高度IT人材の育成、ITの活用が遅れている企業へのITの導入、ITを活用した社会課題の解決等、又は情報処理の安全の確保について、先導的役割を果たし、又は顕著な成果をあげたと認められる個人・企業等を表彰します。

3.募集期間

平成29年6月30日(金曜日)~7月31日(月曜日)

4.発表・表彰式

  •  受賞者は、9月中旬を目途に当省のHPにて発表いたします。
  • 平成29年10月2日(月曜日)に都内で開催予定の「情報化月間記念式典」において大臣賞の授与を行います。(詳細な日程が決まり次第、HPに掲載いたします。)

5.過去の経済産業大臣賞受賞例

  • SCSK株式会社(平成27年度受賞)
    長時間労働が常態化しているIT業界において、数年にわたる働き方改革を推し進め、「人を活かす会社」としてその実績が広く認知された。同業他社からも参考にされるマネジメントの成功例として模範となる役割を果たし、IT業界における働き方改革の先導的役割を果たした。
  • 積水化学工業株式会社(平成27年度受賞)
    同業他社に先駆けて自社で利用するシステムは自ら開発し、システム投資を市販ソフトウェア利用に比べて低廉に押さえる、最新技術を意欲的に取り入れる、といった取り組みや、クラウド利用による機能強化や更新作業負担の軽減により、IT エンジニアのモチベーションアップに繋げた効果は、クラウドファーストを検討する企業の範となり、IT利活用の先導的役割を果たした。
  • 株式会社タツノ(平成27年度受賞)
    東日本大震災の経験を踏まえ、給油所の地下タンクの在庫状況を常時把握できるクラウドシステム「レスキューマネージャー」を構築し、利便性も考慮してスマートフォンでも情報確認が出来るようにした。こうした取組は我が国の災害時における石油製品の安定的かつ効率的な供給を IoT によって実施可能とし、IT 利活用の促進に大きく貢献した。
  • トヨタ自動車株式会社(平成28年度受賞)
    自動車産業で培ったトヨタ生産方式の考え方を応用した稲作のIT管理ツール「豊作計画」を開発。農業の生産管理の仕組みを作り、現場改善支援と組み合わせたサービスを展開。これにより、組織開発とモチベーション向上を図り、農業法人の産業組織化と生産性向上を実現しており、ITを使った農業の継続・成長に新しいアプローチを創出し、IT利活用の促進に大きく貢献した。
  • 大阪ガス株式会社(平成28年度受賞)
    「分析力で業務改革を起こす組織」を15年間かけて作り上げ、営業から製造まで社内の全組織においてデータ分析を用いた業務改革を支援し、事業部と協力してコストダウンやサービス向上、新規事業開発など、経営に大きなインパクトを与える業績に貢献した。教科書的な分析に終始することなく、現場で実際に活用されるまでを追求、意味のある意思決定にどれだけ貢献できたかを突き詰める取組は、他企業におけるデータ分析専門組織を立ち上げる原動力となるものとして、IT利活用の先導的役割を果たした。
  • 株式会社ワークスアプリケーションズ(平成28年度受賞)
    世界のERP市場は、グローバル企業が市場を席巻している。ワークスアプリケーションズはグローバル市場の獲得を目指し、ERPシステムでは誰もチャレンジしてこなかった応答速度0.1秒という卓越したユーザエクスペリエンスやユーザー業務を学習するAI機能等実現するため、従来型のリレーショナル・データベース技術から脱却し、NoSQLデータベース型のクラウド分散技術を世界に先駆けてERPシステムに採用した革新的なERPシステム「HUE」(ヒュー)を開発した。
    ERPソフト分野でグローバル市場を獲得するべく、多額の研究開発投資を行い、世界に先駆けて製品を市場に投入したことは高く評価できる。

担当

商務情報政策局情報処理振興課長 滝澤
担当者:千家
電話:03-3501-1511(内線 3971~6)
03-3501-2646(直通)
03-3580-6073(FAX)

公表日

平成29年6月30日(金)

関連資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.