経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

松村経済産業副大臣がモンゴルに出張しました

本件の概要

松村祥史経済産業副大臣は、7月3日~5日の日程でモンゴル・ウランバートルを訪問し、第8回日本モンゴル官民合同協議会や、日本貿易振興機構(JETRO)、モンゴル食糧・農牧業・軽工業省及びモンゴル商工会議所主催の日本モンゴル経済連携協定(EPA)発効1周年記念セミナー・ネットワーク交流会に出席したほか、ムンフオルギル・モンゴル外務大臣との会見及び企業視察を行いました。

1.第8回日本モンゴル官民合同協議会への出席

松村経済産業副大臣は、モンゴル・ウランバートルで開催された第8回日本モンゴル官民合同協議会に共同議長として参加し、日本・モンゴル両国の政府、民間の代表者とともに、貿易投資環境の整備、二国間協力等の日本・モンゴル両国の経済関係強化に向けた意見交換を行いました。

(参考)日本モンゴル官民合同協議会の開催経緯
2007年、日本・モンゴルの両国首脳間で合意した共同声明及び今後10年の基本行動計画の中で、両国は貿易・投資の拡大と協力関係の強化を目指し、経済産業省と当時のモンゴル産業・通商省との定期協議を、民間企業等の参加を得つつ、官民合同協議会へ格上げ。日本とモンゴルで交互に開催。

 
 

2.日モンゴルEPA発効1周年記念セミナー・ネットワーク交流会への出席

松村経済産業副大臣は、JETRO、モンゴル食糧・農牧業・軽工業省及びモンゴル商工会議所主催の日モンゴルEPA発効1周年記念セミナー・ネットワーク交流会に出席し、セミナーにおいて来賓挨拶を行うとともに、ネットワーク交流会に設けられたブースを視察しました。
セミナーにおいては、JETROからモンゴル企業が日本へ進出する際の支援スキームの紹介が行われ、モンゴル側からは、モンゴル企業の日本進出の成功事例や対日輸出に関する課題などが紹介されました。また、ネットワーク交流会においては、カシミヤ、皮革製品、加工食品、健康食品などの35社のモンゴルの企業がブースを設け、自社製品の紹介を行いました。

 
 

3.ムンフオルギル・モンゴル外務大臣との会見

松村経済産業副大臣は、国交樹立45周年という好機を捉えた両国の貿易・投資関係強化に期待を表明するとともに、モンゴルのビジネス環境改善や両国が共同で行うプロジェクトに対する速やかな対応、更には、2025年大阪万博誘致に対する支持を要請しました。
ムンフオルギル・モンゴル外務大臣は、約1年が経過した現政権下での経済改革が既に成果を上げつつある旨説明するとともに、日本モンゴルEPAの下での双方向の貿易促進や、石炭化学産業の発展への支援や第三国市場での両国企業の協力等に対して期待を表明しました。

 

4.企業視察

松村経済産業副大臣は、モンゴル最大の企業であるゴビ社のカシミヤ工場においてカシミヤ製品の対日進出状況等、日系自動車部品メーカーの現地工場においてモンゴル自動車市場における日系企業の販売状況等、第四火力発電所においてモンゴル発電事情等について、それぞれ聴取しました。

ゴビ社(カシミヤ製品)

 

モン・シバサキ社(自動車部品)

 

ウランバートル第四火力発電所

 

担当

通商政策局 北東アジア課長 星野
担当者:武田
電話:03-3501-1511(内線3016~3019)
03-3501-0531(直通)
03-3501-6024(FAX)

資源エネルギー庁 資源・燃料部 石炭課長 江澤
担当者:内田
電話:03-3501-1511(内線4681~4685)
03-3501-1727(直通)
03-3580-8564(FAX)

公表日

平成29年7月6日(木)

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.