経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

住民拠点サービスステーションの整備・指定状況を公表しました

本件の概要

本日、災害時に地域の燃料供給拠点となる住民拠点サービスステーション(SS)の整備・指定状況について、平成29年8月31日時点での情報を公表しました。

資源エネルギー庁では、平成28年4月の熊本地震において、災害時における燃料供給拠点としてのSSの役割が再認識されたことを踏まえ、自家発電機を備え、災害時に地域の燃料供給拠点となる「住民拠点SS」の整備を進めています。

「住民拠点SS」は、災害時における地域住民の燃料供給の拠り所であり、今年度中に約1,300SSの整備を行う予定ですが、その基本情報(運営事業者名、SS名、住所、電話番号等)について、整備の完了したSSから適時公表いたします。平成29年8月31日時点での「住民拠点SS」は68SSとなっております。

また、住民拠点SSであることを確認できるよう、店頭等に掲示可能な別添の指定書を交付する予定です。

引き続き、「住民拠点SS」の整備を進め、石油製品の安定供給を通じた我が国の災害対応能力強化を図って参ります。

担当

資源エネルギー庁 資源・燃料部 石油流通課長 小山
担当者:小林、成瀬
電話:03-3501-1511(内線4661~3)
03-3501-1320(直通)
03-3501-1230(FAX)

公表日

平成29年9月11日(月)

関連資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.