経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

世耕経済産業大臣と台風第21号による被害のあった地域の経済産業局長との電話会議を行いました

本件の概要

本日、世耕経済産業大臣は、台風第21号による被害のあった東北、関東、中部、近畿、四国地方を管轄する経済産業局長と電話会議を行い、被害状況の報告を受けると共に、対応を指示しました。

1.大臣指示

台風第21号により全国的にライフラインや中小企業等への被害が発生していることを踏まえ、世耕経済産業大臣は関係する地方経済産業局長から被害状況(2.参照)の報告を受けると共に、以下を内容とする指示を行いました。
 

  1. 管内における中小企業・小規模事業者の被災状況をしっかりと把握すること
  2. 被災された中小企業・小規模事業者に対して、担当者をマンツーマンで張り付け、何かできることはないか「待ち」ではなく積極的に働きかけ、真摯にきめ細かく対応すること
  3. 台風第22号の今後の動向にも注意し、接近や上陸した場合には、迅速に対応できるよう、体制をしっかり整えること

2.被害状況

ライフライン被害(10月25日(水曜日)11:00時点)
(1)電力

  • 北海道電力 復旧済み(ピーク時2,685件)
  • 東北電力 復旧済み(ピーク時8,696件)
  • 東京電力 復旧済み(ピーク時147,200件)
  • 中部電力 340件(ピーク時47,480件)

※停電区域が長野県の山間地の広い範囲に及んでいたため復旧が難航していたが本日中に復旧見込み。病院等の重要施設への未送電は発生していない。

  • 関西電力 3,710件(ピーク時123,850件)

※土砂崩れ、倒木、浸水等による進入不可能箇所、多重事故箇所が多数あり復旧が遅れている。復旧には数日を要する見込み。停電区域については、自治体・道路管理者と協議しつつ、優先の高いものから復旧していく予定。病院等の重要施設への未送電は発生していない。

  • 四国電力 100件(ピーク時23,631件)

※倒木処理等を伴うため復旧が遅れているが、本日中に復旧見込み。病院等の重要施設への未送電は発生していない。

  • 中国電力 復旧済み(ピーク時10,300件)
  • 九州電力 復旧済み(ピーク時5,500件)
  • 沖縄電力 被害なし

 (2)ガス
兵庫県で102件、滋賀県で101件都市ガスの供給支障が発生したが、それぞれ23日、24日に供給再開。

(3)石油
製油所、油漕、備蓄基地は被害なし。ガソリンスタンドは、和歌山県で1箇所、千葉県で1箇所、浸水被害で営業停止していたが25日より営業再開。

中小企業被害状況(10月25日(水曜日)12:00時点

地域 青森県 千葉県 茨城県 愛知県 三重県 和歌山県 福井県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県
店舗・工場等一部損壊等 2 40 - 9 ※3 7 12以上 3 5 7 13 3

※1この他、床上・床下浸水被害がある地域もあり。
※2一部損壊は屋根・壁破損、窓ガラス、シャッター破損、雨漏、漏電等含む
※3被害把握中

担当

(本発表資料のお問い合わせ先)
<中小企業の被害状況について>
中小企業庁事業環境部経営安定対策室 
担当者: 松本、長沼、岩瀬
電話: 03-3501-0459(直通)
03-3501-6805(FAX)

<ライフラインの被害状況について>
産業保安グループ電力安全課 
担当者: 白神、伊万里、橘
電話: 03-3501-1742(直通)
03-3580-8486(FAX)

公表日

平成29年10月25日(水)

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.