経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利用環境整備に関する検討会」の報告書を取りまとめました

本件の概要

経済産業省では、ビッグデータ化する宇宙データの利用拡大の観点から、本年5月に、「政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利用環境整備に関する検討会」を立ち上げ、10月までに計7回開催しました。このたび、本検討で議論された結果を報告書として取りまとめました。

1.趣旨

現在、宇宙産業は転換期を迎えており、技術革新や新規参入等を背景に、宇宙由来の様々なデータの質・量が抜本的に向上しています。こうした中、宇宙由来のデータをビッグデータの一部として、ConnectedIndustriesの一つの基盤インフラと位置づけ、様々なデータと組み合わせることにより、農業やインフラ管理、金融等の様々な分野における課題に対してソリューションを提供していくことが期待されています。

他方、我が国政府が運用する地球観測衛星データは、研究機関向けには多くのデータがオープン&フリー化されているものの、様々な要因のため、産業利用は限定的な状況です。また、欧米では、衛星データをビジネスで広く普及させるために、すでにオープン&フリー化が進められつつあり、世界全体で宇宙利用産業を拡大する取組が進められております。

そこで、経済産業省では、ビッグデータ化する宇宙データの利用拡大の観点から、本年5月に、「政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利用環境整備に関する検討会」を立ち上げ、10月までに計7回開催し、政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利用環境整備のあり方を議論してまいりました。このたび、本検討会で議論された結果を報告書として取りまとめましたので、公表します。なお、宇宙データの積極的活用については、「宇宙産業ビジョン2030」や「未来投資戦略2017」などの政策文書においても、明示されているところです。

今後は、本検討会の報告書を踏まえ、具体的な施策の実現に向けて、最大限取り組んでまいります。

2.検討会メンバー

<委員>
夏野 剛(座長):慶応大学大学院政策・メディア研究科特別招聘教授    
守安 功:株式会社ディー・エヌ・エー 代表取締役社長兼CEO
齊藤 秀:株式会社オプトホールディング 最高解析責任者&OPT Data Science Lab所長
小笠原 治:株式会社さくらインターネット フェロー
石塚 高也:株式会社パスコ 衛星事業部 事業推進部長
向井田 明:一般財団法人リモート・センシング技術センター ソリューション事業部長
藤原 謙:株式会社ウミトロン 代表取締役
石田 真康:A.T.カーニー株式会社 プリンシパル
舘 和夫:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙利用統括
関口 智嗣:国立研究開発法人産業技術総合研究所 理事 兼 情報・人間工学領域 領域長
土田 誠行:株式会社産業革新機構 専務取締役

<オブザーバー>
内閣府宇宙開発戦略推進事務局 
文部科学省研究開発局宇宙開発利用課 
総務省情報通信国際戦略局宇宙通信政策課
国立研究開発法人情報通信研究機構 

<事務局>
経済産業省 製造産業局 宇宙産業室

担当

製造産業局 宇宙産業室長 靏田(つるだ)
担当者:國澤、山崎、中西
電話:03-3501-1511(内線 3844~6)
03-3501-0973(直通)
03-3501-7062(FAX)

公表日

平成29年10月27日(金)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.