経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「バイオベンチャーと投資家の対話促進研究会」を設置します

本件の概要

経済産業省は、創薬産業の競争力強化のため、バイオベンチャーの資金調達環境の改善に向けた施策の検討を行います。具体的には、上場後のバイオベンチャーと機関投資家等の対話を促進するとともに、日本の資金調達環境の課題を整理するため、「バイオベンチャーと投資家の対話促進研究会」を設置します。

1.背景

現在、世界で新たに上市される医薬品の6割超はバイオベンチャーが生み出す状況です。今後も、「特定の患者群に対する画期的な医薬品開発」が加速し、「再生医療等の新規医療技術」が進展する中で、適切な市場規模をターゲットに、効率的な研究開発投資を行うバイオベンチャーの役割は大きくなると推測されます。

他方で、日本のマザーズやジャスダックに上場するバイオベンチャーの多くは、赤字先行の厳しい経営を強いられています。バイオベンチャーの成功は、医薬品の上市であり、上場後の資金調達環境の改善等が重要になります。

日米の上場後のバイオベンチャーの株主構成をみると、日本は個人投資家中心であり、米国は機関投資家中心であるという大きな違いがあります。日本のマザーズやジャスダックに上場するバイオベンチャーの時価総額は1兆円程度に留まっており、欧米のみならず、アジア諸国の中でも小さい水準です。

日本において、画期的な医薬品を創出する事業環境を生み出すためには、バイオベンチャーに対し、国内外の投資家からの円滑な資金供給を実現するための環境整備が必要です。

2.趣旨

このような状況や課題認識を受けて、「未来投資戦略2017」(平成29年6月9日閣議決定)においては、「上場後のバイオ産業を投資対象とするファンドの創設の促進等を通じた研究開発資金等の供給円滑化など、事業環境整備に向けた施策を本年度中に検討する。」との方針が示されています。

そこで、経済産業省は「バイオベンチャーと投資家の対話促進研究会」を設立し、価値協創ガイダンス(平成29年5月29日経済産業省公表)を参考に、国内外の投資家と国内バイオベンチャーの対話を促進するための「バイオベンチャー投資ガイダンス(仮称)」の策定や、日本のマザーズやジャスダック市場におけるバイオベンチャーの資金調達面の課題の整理等を実施するとともに、バイオベンチャーの資金調達環境の整備に向け、必要な政策対応等について検討を行います。

 3.議論のテーマ

  • バイオベンチャーの資金調達面の現状と課題
  • バイオベンチャーのビジネスモデルの分類/企業価値向上のあり方
  • バイオベンチャーに対する投資家の適切な評価のあり方
  • 機関投資家の運用手法とバイオベンチャーに対する持続的支援の整合性
  • 機関投資家が期待するバイオベンチャーの情報開示方法と成果指標
  • バイオベンチャーが直面する上場市場の課題と成長のハードル
  • 上記を踏まえた対話ガイダンスのあり方、政策対応の方向性等

4.スケジュール

第1回目の研究会を11月15日(水曜日)に開催し、第2回以降は、月1回程度のペースでの開催を予定しています。

なお、委員各位による率直かつ自由な意見交換を確保するため、本研究会は非公開としますが、資料及び議事概要を公表する予定です。

担当

商務情報政策局 商務・サービスグループ
生物化学産業課長 上村
担当者:前田、松原
電話:03-3501-1511(内線3741~7)
03-3501-8625(直通)
03-3501-0197(FAX)

公表日

平成29年11月13日(月)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.