経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネスに関するサイバーセキュリティガイドライン」を改定しました

本件の概要

経済産業省は、エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネス(ERAB)に参画する各事業者が取り組むべきサイバーセキュリティ対策をまとめたガイドラインを改定しました。

1.「ERABに関するサイバーセキュリティガイドライン」について

本ガイドラインは、需要家側のエネルギーリソース(蓄電池・太陽光発電・ディマンドリスポンスなど)を活用したERAB(※1)において、各事業者が取り組むべきサイバーセキュリティ対策の指針を示したものです(平成29年4月策定)。

2.今回の改定の経緯及び内容について

ERAB検討会(※2)の下部組織であるサイバーセキュリティWG(平成28年8月設置)では、ERABにおけるサイバーセキュリティの在り方等を検討しています。
今般、特に電源I’(※3)に関する各事業者に求められるサイバーセキュリティ対策について、ガイドラインを改定することといたしました。

<主な改定事項>

  • 認証や暗号化の仕組みの導入
    機器の相互認証や通信の暗号化の仕組みを導入し、各機器を保護することとする。
  • 特定されたアグリゲーターからの接続のみに限定
    送配電事業者のシステムへの接続は、特定されたアグリゲーターのシステムのみからの接続に限定することとする。

※1 ERAB:バーチャル・パワープラントやディマンドリスポンスを用いて、送配電事業者、小売電気事業者・需要家、再エネ発電事業者といった取引先に対し、調整力、インバランス回避、電力料金削減、出力抑制回避等の各種サービスを提供する事業のこと。
※2  ERAB検討会:ERABの発展に向けて、多岐に渡る課題(通信規格や制度の整備等)について、産官学の実務者レベルで全体像を整理する検討会(平成28年1月設置)。
※3 電源I’:一般送配電事業者の専用電源として常時確保する電源等であり、10年に1回程度の猛暑や厳寒に対応するための調整力。

担当

資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 
新エネルギーシステム課長 山影
担当者:佐久間、鹿島
電話:03-3501-1511(内線 4558~9)
03-3580-2492(直通)
03-3501-1365(FAX)

公表日

平成29年11月29日(水)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.