経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

富士通株式会社が販売したノートパソコン用バッテリーパックのリコールが行われます(無償交換)

本件の概要

富士通株式会社(法人番号:1020001071491)が販売したノートパソコン用バッテリーパックについて、当該製品から出火し、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生しました。

当該事故情報は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき、重大製品事故の報告を受け、消費者庁より平成29年9月8日に製品起因が疑われる事故として公表しています。

富士通株式会社では、事故の再発防止を図るため、本日、同社ホームページにおいて、ノートパソコン本体からバッテリーパックを取り外すよう呼びかけるとともに、対象バッテリーパックを無償で交換することを公表しました。

対象製品をお持ちの方は、直ちに使用を中止し、同社問い合わせ先にご連絡下さい。

1.事故事象及び再発防止策について

(1)事故事象について

富士通株式会社が販売したノートパソコン用バッテリーパックについて、当該製品から出火し、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生しました。

消費生活用製品安全法第35条第1項に基づき報告された上述の重大製品事故は2件です。
(管理番号:A201600728、A201700333:いずれも「ノートパソコン」として公表しています。)

当該事故のうち、管理番号A201600728については、当該製品のリチウムイオン電池セル内部に異物が混入したため、内部短絡が生じて異常発熱し、出火に至ったものとして、調査を終了しています。

管理番号A201700333については、当該製品のリチウムイオン電池セルから出火したものと考えられますが、その原因について、当省にて、現在調査中です。

なお、いずれの事故も人的被害には至っておりません。

また、当該製品はパナソニック株式会社(法人番号:5120001158218)が製造したものであり、パナソニック株式会社のノートパソコンに搭載されているバッテリーパックについても9件の重大製品事故が発生しております。
パナソニック株式会社では同等品による事故の再発防止対策として、平成29年12月6日に対象機種についてリコールを実施しています。(平成29年12月6日消費者庁、当省同時公表済み。)

(2)再発防止策について

富士通株式会社は、事故の再発防止を図るため、平成29年12月13日、同社ホームページに情報を掲載するとともに、対象バッテリーパックの無償交換の受付を開始します(交換用バッテリーパックは平成30年1月下旬から発送予定)。

2.対象製品:製品概要、対象製品の確認方法等

(1)製品名:ノートパソコン用バッテリーパック

富士通株式会社が販売したノートパソコン(LIFEBOOKシリーズ)の一部の機種に同梱したバッテリーパック及びオプション・サービス用に販売したバッテリーパックのうち、平成24年7月から平成25年4月に製造されたもの。

<対象製品の概要>
対象製品搭載のノートパソコン:別添参照
対象個数:62,521個(一部海外販売分を含む)

対象バッテリーパックの物品番号、製造番号の一部、製造期間
物品番号 製造番号の一部 製造期間
CP556150-02 Z120717、Z120724 平成24年7月
CP556150-03 Z130119~Z130205 平成25年1月~平成25年2月
CP579060-01 Z130129~Z130306 平成25年1月~平成25年3月
CP610400-01 Z130131、Z130306 平成25年1月、平成25年3月
CP615410-01 Z130120~Z1302227 平成25年1月~平成25年2月
CP615411-01 Z130120~Z130304 平成25年1月~平成25年3月
CP629458-03 Z130301~Z130407 平成25年3月~平成25年4月

(2)対象製品の確認方法

パソコンの電源を切り、バッテリーパックを取り外してください。
「物品番号」、「製造番号の一部」は、バッテリーパックに貼付のシールに記載されています。
次項の写真を参考にご確認ください。

なお、以下の事業者ホームページにおいて公開されているチェックツールでも、お使いのバッテリーパックが交換対象であるかどうかご確認いただけます。
チェックツールをご利用の際は、バッテリーパックを装着したままご確認ください。

<ラベル位置>

CP556150-02、CP556150-03

  • 物品番号

  • 製造番号

CP579060-01

  • 物品番号

  • 製造番号

CP610400-01

  • 物品番号

  • 製造番号

CP615410-01

  • 物品番号

  • 製造番号

CP615411-01

  • 物品番号

  • 製造番号

CP629458-03

  • 物品番号

  • 製造番号

※同社ではノートパソコン用バッテリーパックについて、平成27年8月27日及び平成28年2月10日付で既にリコールを実施しておりますが、今回は対象製品が異なります。
前回のリコールにおいて対象外であった場合でも、再度バッテリーパックの品番及びロット記号のご確認をお願いします。

(参考)
 

平成27年8月27日付リコール対象(対象製品:2品番)
物品番号 製造番号の一部 製造期間
CP556150-01 Z110802~Z111212 平成23年8月~平成24年5月
CP556150-02 Z120102~Z120512 平成23年8月~平成24年5月
平成28年2月10日付リコール対象(対象製品:2品番)
物品番号 製造番号ハイフンの前 製造番号ハイフン以降の7桁 製造番号下7桁 製造期間
CP494696-02 02B- W130318 003257W~004808W 平成25年3月~平成25年4月
CP494696-02 02B- W130319 004225W~004228W 平成25年3月~平成25年4月
CP494696-02 02B- W130319 004230W~004932W 平成25年3月~平成25年4月
CP494696-02 02B- W130320 003001W~005309W 平成25年3月~平成25年4月
CP494696-02 02B- W130321 003001W~004912W 平成25年3月~平成25年4月
CP494696-02 02B- W130322 003001W~005314W 平成25年3月~平成25年4月
CP494696-02 02B- W130323 003001W~004428W 平成25年3月~平成25年4月
CP494696-02 02B- W130407 003018W~003061W 平成25年3月~平成25年4月
CP494696-02 02B- W130407 003162W~003523W 平成25年3月~平成25年4月
CP494696-02 02B- W130412 003001W~004631W 平成25年3月~平成25年4月
CP494696-02 02B- W130413 003001W~004259W 平成25年3月~平成25年4月
CP494696-02 02B- W130413 004263W  平成25年3月~平成25年4月
CP633526-03 01A- Z130402 003001Z~003196Z 平成25年3月~平成25年4月
CP633526-03 01A- Z130406 003287Z~003855Z 平成25年3月~平成25年4月
CP633526-03 01A- Z130408 003001Z~004144Z 平成25年3月~平成25年4月
CP633526-03 01A- Z130409 003001Z~004185Z 平成25年3月~平成25年4月
CP633526-03 01A- Z130410 003001Z~004325Z 平成25年3月~平成25年4月
CP633526-03 01A- Z130411 003001Z~004429Z 平成25年3月~平成25年4月

3.事業者の対応

対象製品について、無償で製品交換を実施します。
(平成29年12月13日より受付開始、平成30年1月下旬より交換用バッテリーパックの発送開始予定。)

4.事業者の告知

ホームページへの掲載:平成29年12月13日(水曜日)

5.消費者への注意喚起

上記の対象製品をお持ちの方は、バッテリーパックをノートパソコンから取り外し、周辺に可燃物がない場所に保管するとともに、下記問い合わせ先に速やかにご連絡ください。
なお、保管中はバッテリーの充電をしないでください。

6.リコール対象製品に関する問い合わせ先

<連絡先>
富士通株式会社FMVバッテリパック交換ご相談窓口
電話番号:0120-924-632
<受付時間>
9:00~17:00(事業者指定の休業日を除く)

※下記のホームページからも交換の申込みが可能です。

担当

産業保安グループ製品安全課
製品事故対策室長 大澤
担当:橋爪、中谷、高橋
電話:03-3501-1511(内線4311~3)
03-3501-1707(直通)
03-3501-2805(FAX)

公表日

平成29年12月13日(水)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.