経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「科学的特性マップに関する意見交換会」の参加者募集に関してNUMOから報告を受けました

本件の概要

本日、原子力発電環境整備機構(NUMO)から経済産業省資源エネルギー庁に対し、「科学的特性マップに関する意見交換会」に関する参加者募集について、調査結果及び再発防止策等の報告がありました。資源エネルギー庁からNUMOに対しては、再発防止の徹底等の対応を速やかに実行し、信頼性の確保に組織全体で取り組むよう指示しました。

本年10月から開催してきた「科学的特性マップに関する意見交換会」に関して、事務運営を担うNUMOから若年層への広報業務を再委託されていた民間事業者が、参加者募集の際に一部の学生に対して謝金の提供を示唆していたことが判明しました。また、同意見交換会に関する電力関係者の参加の実態等についても問題とする外部からの指摘がありました。

これらについて、NUMO評議員会に設置された「調査チーム」において調査が行われてきましたが、12月27日の評議員会での審議を経て、調査結果の報告及び再発防止等に向けた提言が行われました。その後、NUMOから経済産業省資源エネルギー庁へ下記の報告がありました。

経済産業省資源エネルギー庁からは、今般の事案が発生したことは誠に遺憾であり、NUMOを厳重に注意し、再発防止の徹底等の対応を速やかに実行し、信頼性の確保に組織全体で取り組むよう指示しました。

【NUMOからの報告内容】

担当

資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 放射性廃棄物対策課長 小林
担当者:来島 
電話:03-3501-1511(内線 4781~3)
03-3501-1992(直通)
03-3501-1840(FAX)

公表日

平成29年12月27日(水)

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.