1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度1月一覧
  5. コンビニ店舗配送車両の駐車場共同利用を開始します

コンビニ店舗配送車両の駐車場共同利用を開始します

物流における社会課題解決に向けて

2019年1月10日

株式会社セブン-イレブン・ジャパン、株式会社ファミリーマート、株式会社ローソン同時発表

経済産業省支援のもと、株式会社セブン‐イレブン・ジャパン、株式会社ファミリーマート、株式会社ローソンの各社は、店舗配送用車両の駐車場を共同利用することを合意し、1月15日(火曜日)から1案件目の運用を開始します。

1.背景

コンビニエンスストアは全国で約58,000店舗あり、駅前の商業施設や大学、病院など様々な施設に展開するほか、セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンは災害対策基本法に基づく指定公共機関にも指定され災害時においても重要な役割を果たすなど、社会インフラになっています。

一方で、都市部の繁華街では店舗配送用のトラックが入れる駐車場が少なく、また、人手不足により配送車両の2名乗務体制を維持することが困難などの課題があります。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会や2025年国際博覧会(大阪・関西)などの国際イベントが控えるなか、安定的に駐車場を確保することが喫緊の課題となっています。

2.駐車場の共同利用

今回発表する「店舗配送用車両の駐車場共同利用」は、セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンのいずれか複数社の店舗が近接する場所において、駐車場を共同利用するものです。これにより、リーズナブルかつ確実に駐車場を確保することが可能となり、持続的な店舗配送物流の維持に役立ちます。

これまで約1年半にわたり、経済産業省の支援、一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会の助言のもと、コンビニ3社が駐車場の共同利用に向けて検討を進めてきました。今回、セブン‐イレブンとローソンの店舗に近接する駐車場の物件が見つかったため、まずは2社での共同利用の開始に至りました。今回開始する1案件目では、コインパーキングの一部区画を改修し、店舗配送用の車両が専用利用します。また、2案件目としてセブン-イレブンとファミリーマートの店舗にて共同利用を開始する予定です。

【店舗】
セブン-イレブン船橋前原西2丁目店(千葉県船橋市前原西2-21-10)
ローソン津田沼東店(千葉県船橋市前原西2‐22‐15)

【共同利用する駐車場】
タイムズ津田沼前原西第4駐車場(千葉県船橋市前原西2-22)

3.今後について

経済産業省としては、今回の共同利用を通じて得られる知見をもとに、共同利用に必要な手続きフォーマットや運用方法の雛型を作るなど標準化を進め、3社の共同利用を促進するほか、3社以外のコンビニ各社や他の小売・サービス事業者との共同利用など、駐車場の共同利用のマッチングが進む基盤づくりを支援します。経済産業省は、物流は協調領域であるとの認識のもと、従来は競合であった同業他社や異業種間でのマッチングや協同を進めるための活動を今後も支援していきます。

担当

商務情報政策局 商務・サービスグループ 消費・流通政策課長 永井
担当者:田村、加藤
電話:03-3501-1511(内線 4161)
03-3501-1708(直通)