5月10日は「地質の日」です

日本の地質調査の歴史についてのパネル展示開催

平成30年5月1日

私たちの住んでいる大地は地層や岩石などでできています。これらの性質のことを「地質」といい、地質情報は地質図やデータベースなどにまとめられて様々な用途で活用されています。経済産業省では、地質情報をより身近に感じていただくため、5月10日の「地質の日」に合わせて、経済産業省本館1階ロビーにおいて企画展示を行います。「地質の日」制定から11年目の今年は、明治150年記念展示として、136年もの間、地質を調査し続け、日本の地質学と社会の基盤情報を支えてきた地質調査所(GSJ、現在は産業技術総合研究所地質調査総合センター)を紹介するとともに、明治時代以降、現在までの地質図をパネル展示します。

1.「地質の日」の由来

明治9年(1876年)5月10日に日本で初めて広域的な地質図として「日本蝦夷地質要略之図」(200万分の1)が作成されたこと、明治11年(1878年)5月10日に地質の調査を扱う組織(内務省地理局地質課)が定められたことに由来して、平成19年(2007年)に「地質の日」が制定されました。

2. 地質の調査に関する取組

経済産業省は、産業技術総合研究所を通じて、136 年にわたり各種地質図やデータベースなどの地質情報を整備してきました。これらの地質情報は、産業技術総合研究所地質調査総合センターのウェブサイトで公開しています。

3.パネル展示の概要

  1. 期間:平成30年5月1日(火曜日)~平成30年6月1日(金曜日)18時
  2. 場所:経済産業省本館1階ロビー(正面玄関側)
  3. 内容:「近代日本の鉱工業発展を支えた地質図たち」

明治時代(19世紀末)から、戦前、戦後、高度成長期を経て現在まで日本の社会基盤を支え続ける地質図の歴史を、地質調査所(現 産業技術総合研究所地質調査総合センター)の足跡とともに振り返ります。
※展示内容は産業技術総合研究所のウェブサイトでもご覧いただけます。

担当