経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

水素閣僚会議を開催します~グローバルな水素の利活用に向けた政策プラットフォーム~

本件の概要

経済産業省及び国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、本年10月23日、「水素閣僚会議」を開催します。同会議では、世界の主要な水素関係国の閣僚、民間企業等の参加を得て、各国の革新的な取組や最新の知見、国際連携の可能性を確認するとともに、グローバルな水素利活用に向けた政策の方向性について議論を深め、認識を共有します。

1.概要・目的

温暖化対策の国際枠組みであるパリ協定の発効を受け、脱炭素化への取組が世界中で進む中、いわゆる2℃目標の達成に向けては、世界各国がイノベーションを通じて旧来のエネルギーシステムを変革し、成長と両立したエネルギー転換を図っていくことが不可欠です。
水素は、化石燃料と二酸化炭素回収・貯留、あるいは再生可能エネルギーなどのリソースを結びつけ、脱炭素化を実現するキーテクノロジーであり、世界各国で水素利用に向けた様々な取組が進められています。我が国は、昨年12月に世界で初めての水素基本戦略を策定し、再生可能エネルギーと並ぶ新たなエネルギーの選択肢として、水素を本格的に利用する水素社会を実現するため、本戦略に基づき供給・利用両面の取組を一体的に進めています。
今後、各国で大きな注目を集める水素の利活用をグローバルな規模で推進していくためには、関係各国が歩調を合わせ一層連携していくことが重要です。このため、経済産業省及び国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の主催の下、水素閣僚会議を開催し、来年のG20日本開催も視野に入れながら、各国の革新的な取組や最新の知見、国際連携の可能性を確認するとともに、グローバルな水素利活用に向けた政策の方向性を議論し、認識を共有します。

2.日時・場所等

日時:2018年10月23日(火曜日)
場所:東京都内を予定
開催形式:講演、プレゼンテーション及びパネルディスカッション
出席者(予定):各国政府、国際機関、水素関連企業
主催:経済産業省、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
※ 後日、事務局ホームページにて参加登録等をご案内します。

関連リンク

担当

資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部
新エネルギーシステム課水素・燃料電池戦略室長 山影
担当者:片山、川村
電話:03-3501-1511(内線 4551~3)
03-3501-7807(直通)
03-3501-1365(FAX)

公表日

平成30年5月8日(火)

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.