経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

世耕経済産業大臣が鍾山中華人民共和国商務部部長及び何立峰中華人民共和国国家発展改革委員会主任と会談を行いました(結果概要)

本件の概要

世耕経済産業大臣は、5月9日(水曜日)に、日中韓サミットへの出席のために来日した鍾山中華人民共和国商務部部長及び何立峰中華人民共和国国家発展改革委員会主任と会談を行いました。

1.鍾山中華人民共和国商務部部長との会談

  • 世耕大臣と鍾山部長は、日中両国の幅広い協力を進めていくこと、両国の経済界の交流を後押ししていくことが重要であるとの認識を共有しました。

  • 世耕大臣から、自由で開かれたルールに基づく貿易を支持した上で、貿易制限措置の応酬の根本原因である市場歪曲的措置の除去が必要であることを伝えました。

  • 日中韓FTA及びRCEPの交渉の推進についても意見交換しました。

  • サービス産業における日中協力として、「日中サービス貿易協力メカニズム」を構築し、サービス貿易・投資の環境を構築し、サービス分野の投資及び互恵協力を進めていくことに合意しました。(その後の日中首脳会談において、世耕大臣と鍾山部長との間で「サービス貿易協力強化に関する覚書」に署名。)

  • 第三国市場協力については、第三国での日中ビジネス展開を進めるための官民の関係者による議論の場の具体化に向けた意見交換をしました。(その後の日中首脳会談において、世耕大臣及び河野外務大臣と何立峰主任及び鍾山部長との間で「第三国における日中民間経済協力に関する覚書」に署名。)

  • 世耕大臣から、知財法制度をはじめ、ビジネス環境の整備が必要であることを伝え、担当閣僚同士で議論を続けていくことで一致しました。

2.何立峰中華人民共和国国家発展改革委員会主任との会談

  • サービス産業における日中協力として、「日中サービス産業協力メカニズム」を構築し、マクロ的な政策の交流を通じ、高齢化、教育等のサービス産業領域での協力を進めていくことで合意しました。(その後、日中首脳会談の場で、世耕大臣と何立峰主任との間で「サービス産業協力の発展に関する覚書」に署名。)

  • 世耕大臣から、同メカニズムに基づき、早ければ今年中にも高齢化に関するシンポジウムを北京で開催したい旨に言及し、前向きな反応を得ました。

  • 第三国市場協力については、第三国での日中ビジネス展開を進めるための官民の関係者による議論の場の具体化に向けた意見交換をしました。(その後の日中首脳会談において、世耕大臣及び河野外務大臣と何立峰主任及び鍾山部長との間で「第三国における日中民間経済協力に関する覚書」に署名。)

  • その他、日中韓3か国でのLNG協力や日中省エネルギー・環境総合フォーラムの開催等について意見交換を行いました。

担当

通商政策局北東アジア課長 星野
担当者:依田、佐伯
電話:03-3501-1511(内線3016~9)
03-3501-0531(直通)
03-3501-6024(FAX)

公表日

平成30年5月10日(木)

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.