1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度5月一覧
  5. 「知財のミカタ~巡回特許庁in福井~」申込受付中!

「知財のミカタ~巡回特許庁in福井~」申込受付中!

見方を変えて、知財を味方に

2018年5月31日

特許庁

特許庁、近畿経済産業局及び福井県は、平成30年7月9日(月曜日)から8月3日(金曜日)にかけて、「知財のミカタ~巡回特許庁in福井~」を開催します。初日のオープニングイベントでは金型加工の技術や3次元設計に強みを持ち、グローバルニッチトップを目指すものづくり企業の取組や特許審査官による普段聞けない特許取得までのポイント等をお話しします。また、期間中は近畿全域で出張面接を集中的に実施します。

1.「知財のミカタ~巡回特許庁~」とは

特許庁は、「なんだか難しそうで敷居が高い」という知財の見方を変えて、知財を味方にして上手く活用するきっかけを作っていただくことを目的に、全国各地で巡回特許庁を開催しています。開催期間中は特許庁の審査官が地域に出張して面接する「出張面接」を集中的に実施するとともに、知的財産の活用促進のためのセミナーや相談コーナーの開設をはじめ様々なイベントを実施します。

今年度は、開催初日にオープニングイベントとして、知的財産の活用促進のための多様なテーマのセミナー等を1日に集約して開催するとともに、初心者から上級者まで様々なレベル・目的・業種別のプログラムを用意しました。

2.福井の開催概要

開催期間・場所

オープニングイベントのプログラム(詳細は別添リーフレット参照)

メインセッション~知的財産でビジネスにイノベーションを~

基調講演では、心臓の内腔に至る患部までリアルに再現し、手術前のシミュレーションとしてメスでの切開や縫合が可能な「心臓シミュレーター」を開発した株式会社クロスエフェクト代表取締役の竹田正俊氏に、開発への想いや知財の取組についてお話しいただきます。

個別セッション(主なもの)

  1. 共同研究・開発時における知的財産を学ぶセミナー【初級~上級】
    大学、研究機関等との共同研究・開発を経験した企業経営者や実務者より、研究開発時の苦労話や、知財権利取得時のプロセス、注意点について紹介します。
  2. 特許庁が皆様の疑問にお答えします【初級・中級】
    ~例えば、拒絶理由通知書が届いたらどうすればよい?!~
    拒絶理由通知書とは何か、その対応はどうすれば良いかなど、特許出願から特許権を取得するまでの流れを、審査官が直接解説します。

何でも相談コーナー(申込不要)

知的財産に関する疑問やお悩みに、福井県知財総合支援窓口の支援担当者や経験豊富な知財戦略エキスパートがお答えします。

3.参加申込方法

プログラム・参加申込等について:詳細は、以下のホームページをご覧ください。

「知財のミカタ」で検索!

関連資料

関連リンク

担当

特許庁 総務部 普及支援課長 武田
担当者:大谷、渡辺、伊藤
電話:03-3581-1101(内線2107)
03-3501-5878(直通)
03-3506-8615(FAX)