1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度6月一覧
  5. データセンターやクラウドインフラ等、我が国のデータ産業を巡る事業環境等に関する調査結果を取りまとめました

データセンターやクラウドインフラ等、我が国のデータ産業を巡る事業環境等に関する調査結果を取りまとめました

2018年6月1日

経済産業省は、データセンター産業やクラウドインフラ産業の競争力の現状と必要な施策についての調査・検討を行い、その内容を調査報告書として取りまとめましたので、公表します。

1.背景

データの集積と戦略的な活用が、産業競争力の要となる中、データの保全や円滑な利活用を実現するための基盤の重要性が増大しています。一方、これらの基盤を提供するデータ産業の競争力を見ると、グローバル市場では海外企業に劣後し、国内市場においても、海外企業の参入により厳しい競争環境に置かれている状況です。

本調査研究では、我が国が目指す「Connected Industries」の実現に向けて、異なる企業・産業間のデータの連携が不可欠であること、我が国の産業や社会がその基盤の上で築かれることを踏まえた上で、利便性の高いサービスを使いこなしつつ、ロックイン(現在利用している製品などを別の同種のものに切り替えることが困難な状態のこと)やデータ保全のリスクや、我が国のデータプラットフォーム産業の競争力等について調査・検討を行い、必要な施策等の方向性を整理しました。

2.調査結果の概要

関連資料の概要版をご覧ください。

関連資料

担当

商務情報政策局 総務課長 渡邊
担当者:今里、小倉
電話:03-3501-1511(内線3951)
03-3501-2964(直通)
03-3580-6403(FAX)