1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度7月一覧
  5. 「知財アクセラレーションプログラム」を開始します!

「知財アクセラレーションプログラム」を開始します!

スタートアップ×知財戦略

2018年7月2日

特許庁は、創業期のベンチャー企業のビジネスを知財で加速することを目的としたプログラム、「知財アクセラレーションプログラム」(IPAS:IP Acceleration program for Startups)を開始します。

1.知財アクセラレーションプログラム(IPAS)について

ベンチャー企業が事業を拡大し、大企業との連携や海外展開などを実現するためには、コアとなる技術やアイディアにより、事業の差別化や自社ブランドの確立を図ることが必要です。
本プログラムでは、知財やビジネスの専門家からなる知財メンタリングチームが、ベンチャー企業と一緒になって、「経営×知財」戦略を共創し、ビジネスの成長を目指します。

2.参加企業の公募開始

未上場の研究開発型ベンチャー企業10社程度を対象に、平成30年7月2日(月曜日)からIPASへの参加企業を公募します。

3.プログラムの公募に関する説明会

公募に関する説明会を以下のとおり開催します。

4.プログラムの詳細

本プログラムに関する詳細情報は、特許庁ホームページのベンチャー企業向け情報外部リンクをご覧ください。

関連資料

関連リンク

担当

特許庁 総務部企画調査課長 今村
担当者:松本、貝沼
電話:03-3581-1101(内線 2156)
03-3592-2911(直通)
03-3580-5741(FAX)