「平成30年版通商白書」をまとめました

2018年7月10日

経済産業省は、平成30年版通商白書をとりまとめ、本日、閣議配布致しました。

今回の白書のポイント

現在、グローバル経済は、WTOに基づく自由貿易体制に対する挑戦、デジタル貿易の拡大を含むデジタル変革の進展、中国等の新興・途上国の台頭といった大きな転換点に直面しています。

昨年の通商白書では、特に1つ目の転換点に焦点をあて、先進国における国内格差問題の現状や、貿易と格差の関係を分析しました。今年の通商白書では、残りの2つの転換点に焦点をあてています。

まず、世界で拡大するデジタル貿易の現状を紹介するとともに、デジタル貿易が抱える課題について明らかにしています。また、新興・途上国の経済成長の特徴と、それに伴い生じうる問題について分析しています。さらに、新興・途上国の中でも特に躍進著しく、急速に変化を遂げる中国経済について、伸び行く消費市場でのビジネスチャンスの側面も含め、多面的に分析しています。

以上の分析を通じて、昨今の通商課題に対応した、自由で公正な高いレベルの通商ル-ルの構築や、国内産業の活性化のための一層の取組の必要性を示しています。

関連リンク

担当

通商政策局 企画調査室長 矢田
担当者:原、濱崎
電話:03-3501-1511(内線2961~6)
03-3501-0533(直通)
03-3501-5868(FAX)