1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度7月一覧
  5. 7月5日からの大雨に係る被害・対応状況について(7月13日(金)15時30分時点)

7月5日からの大雨に係る被害・対応状況について(7月13日(金)15時30分時点)

2018年7月13日


安全・安心経済産業省の関連分野の被害・対応状況について、お知らせします。
Twitter「経済産業省@meti_NIPPON」でも、最新状況を発信しています。

1.電 力(全国合計:309戸)(7月13日14:00時点)

〇中国電力: 309戸
岡山県: 4戸(うち真備町0戸)
広島県: 305戸
 
【電気をお使いになりたい全ての需要家に対して、中国電力が電気を供給するか、ポータブル発電機の配布等を行っている。これにより、停電の実質的な影響は解消】
 
※中国電力は約2400名体制で復旧作業に取り組んでおり、家屋倒壊等で住民が避難している箇所を除き昨日復旧済。万が一、停電が継続している家庭があれば中国電力がポータブル発電機により電力を供給。
※沼田西変電所(広島県三原市)については変電所自体が水没しているため、発電機車86台体制でローテーションを組み送電中。変電所設備については3つあるトランス(変圧器)のうち1つの健全性を確認。健全なトランスは13日目途、残りは15日目途に復旧予定。変電所の復旧に伴い電源車は随時撤退。
 
〇四国電力:復旧済
 

2.ガ ス

〇都市ガス 7月13日14:00時点
 
【住民が居住する地域については、7月8日中に復旧済】
 
※都市ガス供給支障は合計で16戸生じているものの、いずれも住民は避難中のため不在。16戸の状況は以下のとおり。
・家屋周辺の道路崩壊に伴う配管の閉止による供給支障
広島県:広島市 9戸、呉市 4戸、尾道市 3戸
※避難住民が居住可能となる時点で、即日開栓を行う予定。
※家屋倒壊箇所については、保安措置を実施し、対応を完了。
・道路法面崩落により広島ガスの中圧A導管(第二呉幹線)の露出を確認(広島市の県道5箇所)。ガス供給に支障なし。道路復旧に伴い解消の予定。事業者が圧力監視、巡視を実施中。
 
〇小売事業による供給(旧簡易ガス)
・岡山県倉敷市において、3団地(計307戸)が冠水。
※避難住民が居住可能となる時点で、即日のガス供給を可能とする準備を完了。
 

3.LPガス関連施設・容器

〇LPガス充てん所(高圧ガスの製造事業所) 7月13日14:00時点
・岡山県及び愛媛県内のLPガス充てん所から、約2400本のLPガス容器が流出。 既にうち約2000本を回収済。引き続き各県LPガス協会や事業者が回収作業を実施中。
 
〇需要側 7月13日12:00時点
・土砂崩れによる容器埋没:事業者等は消防の指示を待って容器を回収予定。
京都府(2戸)、大阪府(1戸)、兵庫県(5戸)、高知県(5戸)、山口県(1戸)
鹿児島県(1戸) 計15戸。
・大雨による容器流出:事業者等が回収作業を実施中。愛媛県、高知県及び島根県において、22本のLPガス容器の流出を確認。既にうち6本を回収済。
 
※10日、経済産業省及び各県LPガス協会から、容器の発見時の対処(触れない、火気使用しない等)について注意喚起を実施。また、経済産業省から全国LPガス協会に対して、迅速な容器回収を要請。
※一般的に、LP容器は、外部から加わる衝撃にも十分耐え得る構造、強度を有している。また、容器につながるホースが切断した場合等、概ね1時間以内にはガスの放出が終了するため、現時点において、リスクが残存している可能性は極めて低い。
 

4.鉱山・火薬類

〇中国化薬(広島県呉市・江田島市) 
・火薬製造工場に土砂及び水が侵入。爆発の危険性が確認された製品(安全装置は作動)は、土砂被害を受けていない火薬庫に移管済み。
 

5.石油(製油所・油槽所、備蓄基地)

〇昭和シェル石油 広島油槽所(広島県安芸郡)
・大雨等による施設への直接的な被害は無い。油槽所前の国道31号が土砂崩れの影響で通行止めとなり、出荷が止まっていたが、国土交通省による道路啓開が進展し10日から出荷を再開。
 

6.石油(SS)

・ガソリン等の在庫不足が懸念されていた広島県呉市では、10日(火)、11日(水)、12日(木)の重点的な配送により、在庫不足は解消。
・道路の通行状況が改善したことなどにより、配送時間も短縮。13日(金)は平常通りの配送に戻る予定。
・その他の地域も含め、供給不安地域はなし。
 

7.コンビニエンスストア・スーパー(7月13日0:00時時点)

鉄道の運転休止や避難指示等にともなって指定公共機関のコンビニエンスストア・スーパーにおいて一時営業停止中(74店舗)。
 
※山陽自動車道(河内IC~広島IC)における救援物資等の輸送車両の通行措置に伴い、徐々に物資供給が復旧。
※輸送艦「おおすみ」でトラックを輸送。(11日)
※自衛隊による緊急輸送を実施。(12日)
 

8.支援物資の準備状況

物資供給の可能量(発災後1週間分の供給可能量)について(13日15時30分現在)
〇大型クーラー
約1,400台(調達要請後即日(24時間以内に)出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による)
〇スポットクーラー
約1,600台(調達要請後即日(24時間以内に)出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による)
〇ルームエアコン
約150台(出荷可能日は未定)
〇トイレ
・仮設トイレ
洋式・新品:約210棟(調達要請から製造し2~3日後に出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による)
和式・中古品(簡易水洗式):約230棟(調達要請後即日(24時間以内に)で出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による)
和式・中古品(非水洗式):約50棟(調達要請後即日(24時間以内に)で出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による)
・簡易トイレ
約1,170台(調達要請から1~3営業日で出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。)
・携帯トイレ
約117万回分(調達要請から1~2営業日で出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。)
〇水
最大18万L(被災地への到着は道路事情による。)
〇業務用扇風機
約150台(出荷時期は販売会社への実在庫の確認待ち。出荷後の到着時期は交通状況次第。)
〇家庭用扇風機
約2,400個(調達要請から1~2営業日で出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による)
〇洗濯機
調査中
〇冷蔵庫
調査中
〇トイレ用消毒液
9,600個(要請日の翌日に出荷可能。大阪から調達予定。)
〇仮設トイレ用消臭液
約10万袋(調達要請から1~2営業日で出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事業による。)。
〇消臭剤
スプレータイプ約66,000個、置き型タイプ約30,000個(要請日の翌日に出荷可能。大阪・兵庫から調達予定(兵庫の調達先からは即日出荷可能)。)
〇トイレ掃除用洗剤
約14,000個(要請日の翌日に出荷可能。大阪、和歌山から調達予定。)
〇トイレットペーパー
約288万ロール(調達要請から即日(24時間以内に)出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。静岡・大阪・兵庫・福岡から調達予定。)
〇毛布
約6万2千枚(調達要請から即日(24時間以内に)出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。京都、埼玉から調達予定。)
〇タオル
約1万枚(調達要請から1~2日(営業時間外の要請であれば2~3日)を目途に出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。大阪、愛媛から調達予定。)
〇ペーパータオル
30万パック(調達要請から即日(24時間以内に)出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。静岡から調達予定。)
〇ゴミポリ袋
90,000枚(調達要請から即日(24時間以内に)に出荷可能。愛媛、福島から調達予定。)
○レジ袋
400,000枚(調達要請から即日(24時間以内に)に出荷可能。愛媛から調達予定。)
〇下着
紳士パンツ(M・L合計) 8,500枚
婦人肌着(M・L・LL合計)14,500枚
婦人ショーツ(M・L合計)24,100枚
生理用ショーツ(M・L合計)1,200枚
授乳用ブラジャー 200枚
子供肌着女児(M・L合計)400枚
子供肌着男子(M・L合計)100枚
女児パンツ(M・L合計)100枚
男子パンツ(M・L合計)200枚
(調達要請から1~2日程度で出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。京都等から調達予定)
〇歯ブラシ
3,500本(調達要請の1~2日後に(営業時間外の要請であれば2~3日後に)出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。大阪から調達予定)
〇歯磨粉
約12,000個(調達要請から1~3日を目処に出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。滋賀、大阪、兵庫等から調達予定)
〇石鹸
約28,000個(調達要請から2~3日を目処に出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。大阪、埼玉から調達予定。)
〇ハンドソープ
約25,400個(調達要請から1~3日を目途に出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。大阪、千葉、埼玉から調達予定。)
〇ボディシート(身体を拭く用途としたもの)
約170,000個(調達要請から1~3日を目処に出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。大阪、京都、埼玉等から調達予定。)
〇給水タンク
約4,400個(調達要請から1~2営業日で出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。福岡、長野、兵庫から調達予定。)
〇パーテション(避難所でのスペースの仕切り用)
約150セット(調達要請から3営業日で出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事業による。大阪から調達予定。)
〇マットシート(避難所の床敷用)
約8,000セット(調達要請から1~2営業日で出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。大阪、京都から調達予定。)
〇段ボール製簡易ベッド(避難所用)
5,000セット(調達要請から3日後に出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。大阪から調達予定。)
〇間仕切り用段ボール(避難所でのスペースの仕切り用)
5,000セット(調達要請から3日後に出荷可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。大阪から調達予定。)
〇エンジン発動機
調査中
〇スコップ・シャベル
約10万丁(約1m程度のスコップ・シャベルの合計、調達要請から2時間程度で大阪府堺市から出荷可能。)
〇ハンマー
欠品中
〇つるはし
約4000~5000個(調達要請から2時間で大阪府堺市から出荷可能)
〇くぎ
約50トン(車両の提供・積込・輸送をしてもらえるのであれば、関西、兵庫、北九州から即時出荷が可能。)
〇鉄線
約45トン(車両の提供・積込・輸送をしてもらえるのであれば、関西、兵庫、北九州から即時出荷が可能。)
〇ドラム缶
約2000~3000本(斎藤ドラム罐工業㈱(和歌山県有田市)から1千~2千本、
東邦シートフレーム㈱(千葉県八千代市)から1千本程度を1~2日程度で出荷可能。)
〇ユンボ
約300台(コマツの広島拠点から即時出荷が可能。出荷後の被災地への到着は道路事情による。運転には資格を有するオペレータが必要(全国建設業協会を通じて調達)
〇テント
小型テント 約2000台(うち約1000台は東大阪市から発送。)
ドームテント 2台(東京から発送。設営に約1日必要。)
(いずれも、調達要請から3日程度で出荷可能。)
 

9.物資の供給状況(7月13日15:30時点)

被災自治体の要望を踏まえ、以下の物資を供給。
〇クーラー(大型クーラー、スポットクーラー含む)
7月12日(木)までに岡山県倉敷市真備町、水島、連島の避難所などで105台、広島県熊野町、坂町、三原市の避難所などで80台、愛媛県西予市、大洲市の避難所などで64台が稼働済み。
○下着
7月12日(木)に約8,200点を岡山県倉敷市内の避難所等10か所に出荷、7月13日(金)までに全て到着。
○仮設トイレ
(愛媛県)
7月10日(火)に5棟を大洲市の避難所に設置。別の5棟は西予市野村支所周辺に設置。7月11日(水)に10棟を宇和島市の避難所に設置。7月12日(木)夜に20棟を上島町に発送し、現時点で15棟を設置。
(岡山県)
7月10日(火)に150棟を倉敷市真備町の浄化センターに出荷。到着後は、倉敷市が設置を差配し、現時点で約110棟を設置。
(広島県)
7月12日(木)までに7棟を三原市の避難所に設置するとともに、10棟を呉市の避難所に設置。16棟を坂町の小屋浦ふれあいセンター周辺に設置。
〇トイレットペーパー
7月10日(火)に3,072個(=32ケース)をJAえひめ中央伊予選果場に向けて出荷、輸送し同日中に到着。
〇消臭剤
7月10日(火)中にスプレー式200個をJAえひめ中央伊予選果場に向けて宅配便で送付し、7月11日(水)に到着。
〇段ボールベッド
・広島県(160台)
県庁から50台を発注。7月12日に50台到着済み。
県庁の要請により、経産省経由で全国段ボール工業組合に110台を発注。7月14日到着予定。
・岡山県(2,935台)
県庁等から2,935台を発注、7月11日に50台到着済み。7月13日に1,180台を倉敷市内の避難所などに向けて発送済み。7月14日に追加で1,505台を発送予定。別途、7月13日に愛媛県から200台を輸送予定。
・愛媛県(800台)
県庁から1,000台を発注。7月12日に500台、13日に残りの500台が到着済み。発注した1,000台のうち200台を7月13日に岡山県へ輸送し、到着済み。
〇テレビ
NHKにおいて、総務省、経産省及びJEITAと連携しテレビを設置。
12日までに19箇所に設置済み(1箇所につき1台)
・岡山県(★は県から経産省に要望があった箇所)
12日:倉敷市(岡田小学校、★薗小学校、★二万小学校)
総社市(サンワーク総社、清音公民館)
矢掛町(★船穂小学校)
13日:倉敷市(★倉敷東小学校、★倉敷西小学校、★連島南小学校、★福田中学校、★第五福田中学校)
県から経産省に要望があった残り4箇所は、14日以降に設置予定
・広島県
11日:東広島市(造賀公民館)
12日:広島市(矢野小学校、矢野南小学校、温品小学校)
13日:広島市(畑賀小学校、瀬野福祉センター)、熊野町(熊野町民体育館)
・愛媛県
9日:西予市(野村小学校、野村中学校、野村公民館)
10日:大洲市(大洲小学校、菅田小学校、大川公民館)
12日:宇和島市(吉田小学校、玉津公民館、川之内集会所)
13日:西予市(明間小学校)
 

10.工場等の停止状況

主な産業の状況は以下のとおり。
自動車産業については、工場、設備の一部に浸水被害等が生じたメーカーもあったが、既に復旧または復旧見込み。他方、重大な被害を受けたサプライヤーがあり、対応策の検討を行っている企業もある。
金属、素材産業については、アルミ合金を製造する工場が爆発し、この会社のみならず、隣接する会社も被害を受けた。また、浸水により生産設備が停止した企業、物流の滞りにより、稼働率を調整して運転を継続する企業もある。
 

11.中小企業・小規模事業者対策

〇災害救助法が適用されたことを受けて、被災中小企業・小規模事業対策を実施する。※()内は適用日
・高知県安芸(あき)市(し)及び長岡郡(ながおかぐん)本山町(もとやまちょう)(6日)
・鳥取県鳥取市、八頭郡(やずぐん)若桜町(わかさちょう)、八頭郡(やずぐん)智頭町(ちづちょう)、八頭郡(やずぐん)八頭町(やずちょう)、東伯郡(とうはくぐん)三朝町(みささちょう)、西伯郡(さいはくぐん)南部町(なんぶちょう)、西伯郡伯耆(さいはくぐんほうき)町(ちょう)、日野郡(ひのぐん)日南町(にちなんちょう)、日野郡(ひのぐん)日野町(ひのちょう)、日野郡(ひのぐん)江府町(こうふちょう)、(6日)
・広島県広島市、呉市、竹原市、三原市、尾道市(おのみちし)、福山市、府中市、東広島市、江田島市(えたじまし)、安芸郡(あきぐん)府中町(ふちゅうちょう)、安芸郡(あきぐん)海田町(かいたちょう)、安芸郡(あきぐん)熊野町(くまのちょう)、安芸郡坂町(あきぐんさかちょう)(5日)
・岡山県岡山市、倉敷市、笠岡市、井原市(いばらし)、総社市(そうじゃし)、高梁市(たかはしし)、新見市(にいみし)、瀬戸内市(せとうちし)、赤磐市(あかいわし)、真庭市(まにわし)、浅口市(あさくちし)、都窪郡(つくぼぐん)早島町(はやしまちょう)、浅口郡(あさくちぐん)里庄町(さとしょうちょう)、苫田郡(とまたぐん)鏡野町(かがみのちょう)、英田郡(あいだぐん)西粟倉村(にしあわくらそん)及び加賀郡(かがぐん)吉備(きび)中央町(ちゅうおうちょう)(5日)/小田郡(おだぐん)矢掛町(やかげちょう)(6日)
・京都府福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京(きょう)丹後市(たんごし)、南丹(なんたん)市(し)、船井郡(ふないぐん)京(きょう)丹波町(たんばちょう)、与謝郡(よさぐん)伊根町(いねちょう)及び与謝郡(よさぐん)与謝野(よさの)町(ちょう)(5日)
・兵庫県豊岡市、篠山市(ささやまし)、朝来市(あさごし)、宍粟市(しそうし)、赤穂(あこう)郡上郡(ぐんかみごおり)町(ちょう)、美方郡(みかたぐん)香美町(かみちょう)(5日)/ 姫路市、西脇市、丹波市(たんばし)、多可郡(たかぐん)多可町(たかちょう)、佐用郡(さようぐん)佐用町(さようちょう)(6日)/養父市(やぶし)、たつの市、神崎郡(かんざきぐん)市川町(いちかわちょう)及び神崎郡(かんざきぐん)神河町(かみかわちょう)(7日)
・愛媛県今治市(いまばりし)、宇和島市、大洲市(おおずし)、西予(せいよ)市(し)、北宇和郡(きたうわぐん)松野町(まつのちょう)及び(および)北宇和郡(きたうわぐん)鬼北町(きほくちょう)(5日)
・岐阜県高山市、関市、中津川市(なかつがわし)、恵那市(えなし)、美濃加茂市(みのかもし)、可児市(かにし)、山県市(やまがたし)、飛騨(ひだ)市(し)、本巣市(もとすし)、郡上市(ぐじょうし)、下呂市(げろし)、加茂郡(かもぐん)坂祝町(さかほぎちょう)、加茂郡(かもぐん)七宗町(ひちそうちょう)、加茂郡(かもぐん)八百津町(やおつちょう)、加茂郡(かもぐん)白川町(しらかわちょう)、加茂郡(かもぐん)東白川村(ひがししらかわむら)、大野郡(おおのぐん)白川村(しらかわむら)(7日)/ 岐阜市、美濃市、加茂郡(かもぐん)富加町(とみかちょう)、加茂郡(かもぐん)川辺町(かわべちょう)(8日)
計58市、36町、4村
 
①特別相談窓口の設置
②日本政策金融公庫による災害復旧貸付(別枠で1億5,000万円など)
③セーフティネット保証4号(別枠での100%保証、無担保8,000万円など)
④既往債務の返済条件緩和等の実施
⑤小規模企業共済災害時貸付の即時実施(原則1,000万円)
 
経済産業省の対応
5日 ・経済産業省災害対策連絡室設置
8日 ・経済産業省非常災害対策本部設置
9日 ・各県に本省職員を派遣
広島県:リエゾン2名、避難所巡回3名(東広島エリア2名、三原市1名)
岡山県:避難所巡回3名(倉敷(真備、水島、井原エリア)3名)
愛媛県:リエゾン1名、避難所巡回3名(大洲市1名、西予市1名、宇和島1名)
高知県:避難所巡回1名(安芸市1名)
香川県:(四国局)1名
・中部電力株式会社、北陸電力株式会社、関西電力株式会社、中国電力株式会社、四国電力株式会社から、災害救助法適用市町村及び隣接市町村における規制の小売料金及び託送料金等についての特別措置に関する認可申請を受け、認可。
11日 ・貿易保険の手続きに関する特例の創出について
株式会社日本貿易保険(NEXI)では、保険料支払いなどの貿易保険契約の諸手続きにおける期限猶予や船積が中止となった場合の未経過保険料の全額返還などの特例対応を行う。
 

担当

大臣官房 広報室
太刀川、中村、藤井
電話:03-3501-1511(内線 2276)
03-3501-2857(直通)
03-3501-6942(FAX)