1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度8月一覧
  5. 「知財のミカタ~巡回特許庁in浜松~」申込受付中!

「知財のミカタ~巡回特許庁in浜松~」申込受付中!

見方を変えて、知財を味方に

2018年8月2日

特許庁、関東経済産業局は、平成30年9月10日(月曜日)から10月5日(金曜日)にかけて、「知財のミカタ~巡回特許庁in浜松~」を開催します。初日のオープニングイベントでは、オープンイノベーションを切り口にものづくり企業の将来を考える対談や、地域特色を生かした顧客に選ばれる商品づくり、農林水産業における知的財産についての講演等を行います。また、期間中は広域関東圏全域で出張面接を集中的に実施します。現在、申込受付中です!

1.「知財のミカタ~巡回特許庁~」とは

特許庁は、「なんだか難しそうで敷居が高い」という知財の見方を変えて、知財を味方にして上手く活用するきっかけを作っていただくことを目的に、全国各地で巡回特許庁を開催しています。

開催期間中は特許庁の審査官が地域に出張して面接する「出張面接」を集中的に実施するとともに、今年度は、開催初日にオープニングイベントを実施します。

オープニングイベントでは初心者から上級者まで様々な知財活用レベルの参加者を対象としたセミナー等のプログラムを用意するとともに、相談コーナーを開設します。

2.開催概要

開催期間・場所

オープニングイベント

開催日:平成30年9月10日(月曜日)
開催場所:アクトシティ浜松 コングレスセンター(浜松市中区板屋町111-1)

出張面接

開催期間:平成30年9月10日(月曜日)~10月5日(金曜日)
開催場所:広域関東圏全域(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、
神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県)

オープニングイベントのプログラム(詳細は別添リーフレット参照)

メインセッション

個別セッション(主なもの)

  1.  オープンイノベーション時代を生き抜く中小・ベンチャーの知財戦略
    大学や大企業との連携により新たなビジネス展開に成功した中小・ベンチャー企業が、ビジネスモデルや知財戦略に関する成功の秘訣を紹介します。また、大企業も交え、オープンイノベーションに取り組む際の「注意点」や「ヒント」を引き出すパネルディスカッションを行います。
  2.  地域ブランドって何?~地域の特色を生かした選ばれる商品づくり~
    地域に多く存在する地域資源の事例を取り上げながら、地域ブランディングを進めるための知財保護・活用の方法について説明し、売れる商品作りのヒントを紹介します。
  3. 知的財産の視点からみる農林水産業~地域ブランド・ノウハウ管理を中心に ~
    地域ブランド、模倣品対策、ノウハウの管理など、農林水産分野における知的財産保護の重要性について、具体的な事例を挙げて説明します。

何でも相談コーナー(申込不要)

知的財産や経営に関する疑問やお悩みに、静岡県知財総合支援窓口の支援担当者や静岡県よろず支援拠点のコーディネータ、特許審査官がお答えします。

3.参加申込方法

プログラム・参加申込等の詳細は、以下のホームページをご覧ください。

関連資料

関連リンク

担当

特許庁 総務部 普及支援課長 武田
担当者:大谷、渡辺、伊藤
電話:03-3581-1101(内線 2107)
03-3501-5878(直通)
03-3506-8615(FAX)