1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度8月一覧
  5. 第4次産業革命に対応したITパスポート試験の改訂(iパス4.0)が実施されました

第4次産業革命に対応したITパスポート試験の改訂(iパス4.0)が実施されました

全ての社会人に必要な第4次産業革命に関連した新技術等の出題の強化

2018年8月6日

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、国家試験である「iパス」について、第4次産業革命に対応した出題範囲やシラバスの改訂(iパス4.0)を実施した旨を公開しました。

1.ITパスポート試験(iパス)について

iパスは、ITに関する基礎知識を評価するための国家試験です。2009年度の試験開始から2018年6月末現在までの応募者総数は約89万人、合格者総数は約39万人となっています。

2.見直しの背景

近年のAI、ビッグデータ、IoTをはじめとするデータ利活用に関連する新技術の進展は、「第4次産業革命」とも呼ばれ、わが国の経済社会に大きな変革をもたらしています。政府の「未来投資戦略2018」(平成30年6月15日閣議決定)において、全ての社会人が持つべき「IT リテラシー」についての基準を策定するとともに、「IT リテラシー」を認定するためにiパスを拡充し、企業の採用選考や従業員の処遇においてAI・IT 等に関する能力の反映を促すことが示されています。
このような状況を踏まえ、iパスの出題範囲、シラバスなどの改訂及び新技術に対応した出題の強化を実施することとしました。

3.見直しの内容

「出題範囲」等において、あらゆる業種の企業で活用されていくような新技術(AI、ビッグデータ、IoT など)やアジャイルなどの手法に関連する項目・用語例を追加しました。また、近年の動向を踏まえた情報セキュリティに関する項目なども追加しました。
新技術に関連する問題の出題割合を、今後2分の1程度まで高めていく予定です。

詳細については以下のHPにてご案内します。

担当

商務情報政策局 地域情報化人材育成推進室長 大崎
担当者:枝川、入澤、齊宮
電話:03-3501-1511(内線 3971)
03-3501-2646(直通)
03-3580-6073(FAX)