1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度8月一覧
  5. ベトナムにおける二国間クレジット制度(JCM)プロジェクト

ベトナムにおける二国間クレジット制度(JCM)プロジェクト

2件のクレジットが発行されました!

2018年8月16日

8月15日に、JCM署名国であるベトナムとの間で、JCMプロジェクトとしてクレジット発行(合計:1139t)されました。2013年に同国との間でJCMを開始して以来、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の実証事業として初のクレジット発行となります。

本プロジェクトは、NEDOによるJCM実証事業として、両国の協力のもと実施してきました。
経済産業省は、引き続きJCMプロジェクトを進めてまいります。

1.本事業について

政府は、優れた低炭素技術・製品の途上国への普及等を積極的に推進して、世界規模での地球温暖化対策を進めていくため、途上国との間で「二国間クレジット制度(JCM/JointCreditingMechanism)」を推進しています。

今回クレジット発行に至ったプロジェクトは、以下の2件です。

対象国:ベトナム社会主義共和国

プロジェクト名(1):国営病院における省エネ/環境改善によるグリーンホスピタル促進事業

プロジェクト名(2):ベトナム版V-BEMS開発によるホテル省エネ促進実証事業

参考:二国間クレジット制度

二国間クレジット制度は、優れた低炭素技術や製品の移転を通じた相手国での温室効果ガスの排出削減・吸収への貢献を、日本の貢献分として適切に評価する仕組みです。

外務省、経済産業省、環境省の三省で関心国と二国間協議を進めており、これまでモンゴル、バングラデシュ、エチオピア、ケニア、モルディブ、ラオス、ベトナム、インドネシア、コスタリカ、パラオ、カンボジア、メキシコ、サウジアラビア、チリ、ミャンマー、タイ及びフィリピンの計17か国と署名をしています。経済産業省では、具体的なプロジェクトの組成に向け、実現可能性調査や実証事業等を実施しています。

担当

産業技術環境局 地球環境連携室長 川口
担当者:出雲、宮口
電話:03-3501-1511(内線3529~3530)
03-3501-1757(直通)
03-3501-7697(FAX)