1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度8月一覧
  5. サイバー・フィジカル・セキュリティに関する情報交流のためのコラボレーション・プラットフォーム(第3回)を開催します

サイバー・フィジカル・セキュリティに関する情報交流のためのコラボレーション・プラットフォーム(第3回)を開催します

2018年8月21日

経済産業省と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、ユーザー企業やITベンダの方々が、サイバー・フィジカル・セキュリティ対策に関するニーズの明確化・具体化や、セキュリティ製品・サービスといったシーズの発掘を行うとともに、メンバーを限定しない情報交流の場としてコラボレーション・プラットフォームを設置しました。

1.背景

経済産業省では、平成29年12月より我が国の産業が直面するサイバーセキュリティの課題を洗い出し、関連政策を推進していくために産業サイバーセキュリティ研究会を設立し、具体的な政策を検討するために当該研究会配下に3つのWGを設立しています。

WG1(制度・技術・標準化)では、ユーザー企業などにおけるセキュリティ対策のニーズの明確化、WG2(経営・人材・国際)では、セキュリティ対策に対する経営者の意識喚起、WG3(サイバーセキュリティビジネス化)では、セキュリティ製品・サービスなどのシーズの創出につながるような政策を検討しており、これらの取組は相互に連携を図ることが重要となっています。

そこで、経済産業省とIPAは、ユーザー企業やITベンダの方々にご参加いただく形で、これらの取組の相互連携を行い、セキュリティ対策のニーズとシーズ、又はシーズとシーズのマッチングを行うことを目的として、メンバーを限定しない情報交流の場、『コラボレーション・プラットフォーム』を設置することとしました。

2.第3回コラボレーション・プラットフォームの概要

第1部では、経済産業省より、新政策の説明、参加企業より実体験を交えた取組み等、分野別のセキュリティ対策について講演を実施します。

第2部では、3つのテーマ、(1)サイバーセキュリティ経営、(2)業界毎のセキュリティ対策、(3)セキュリティ製品の検証基盤に分かれて、グループディスカッションを実施します。グループディスカッションでは、各テーマをとりまく課題やソリューション・取組事例等を積極的に共有していただき、自社の課題解決に繋げていただきたいと考えております。また、政策等に対するご意見・ご要望もお待ちしております。

3.コラボレーション・プラットフォームへの参加

コラボレーション・プラットフォームはメンバーを限定していないため、自由に参加できるものとします。参加方法の詳細につきましては、IPAのWebサイトより別途公表しています。

関連リンク

担当

商務情報政策局 サイバーセキュリティ課長 奥家
担当者:加畑、石見、元木
電話:03-3501-1511(内線 3964~3966)
03-3501-1253(直通)
03-3580-6239(FAX)