1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度8月一覧
  5. 経済産業省 「未来の教室 Learning Innovation」 ポータルサイトを正式オープンします

経済産業省 「未来の教室 Learning Innovation」 ポータルサイトを正式オープンします

2018年8月27日

経済産業省は、EdTech・個別最適化・文理融合(STEAM)・社会課題解決をキーワードに、効率的な知識習得と創造的な課題発見・解決能力育成を両立する新たな学習プログラムの開発・実証を進めています(「未来の教室」実証事業)。
この度、実証プロジェクト群の進捗状況や、学校・学習塾・個人学習で使える国内・世界のEdTechの最新動向等を広く情報発信するため、「未来の教室 Learning Innovation」ポータルサイトを正式オープンします。

1.趣旨

「未来の教室」実証事業では、人間がAI(人工知能)と共存していく社会で必要となる能力を「創造的な課題発見・解決力」(チェンジ・メーカーの資質)と定義し、誰もがそれを手にすることのできる「学びの社会システム」の構築を目指しています。
具体的には、学習の個別最適化・文理融合(STEAM)・社会課題解決を主なテーマとし、EdTechを活用し、効率的な知識習得と創造的な課題発見・解決能力育成を両立した新たな学習プログラムの開発・実証を進めています。
本ポータルサイトは、教育・EdTech事業者や学校関係者に留まらず、国内のあらゆる方々に対し、実証プロジェクト群の進捗と課題・展望を紹介しつつ、学校や学習塾や家庭学習の場面でのEdTech活用に役立つ最新動向等も随時お届けします。

2.「未来の教室 Learning Innovation」ポータルサイトについて

特徴

実証プロジェクト群の最新情報を発信

「未来の教室」(平成29年度補正予算「学びと社会の連携促進事業」)では、第1次公募を通じて実証事業採択を行い、7月より全国各地の様々なフィールドでの実証を開始しています。本ポータルサイトでは、本日から公募を開始する第2次公募で今後採択していくプロジェクトも含め、実証プロジェクト群の進捗と見通しについて最新情報をご紹介します。

公募関連ニュースの公開

「未来の教室」実証事業の公募情報や関連イベント情報等についても、情報を掲載し、情報発信窓口を一元化します。
(本日8月27日(月曜日)より、第2次公募を開始します。詳しくは本ポータルサイト内の情報をご覧ください。)

学校・学習塾・個人学習向けEdTechデータベースの構築

学校・学習塾・個人学習におけるEdTech利用・調達を助ける機能として、国内外の様々なEdTechに関する情報をカテゴリごとに整理して掲載・随時追加します。対象レベル、用途、教科タイプ、料金体系別等に基づき、ニーズに応じた検索が可能です。

関連リンク

担当

商務・サービスグループ サービス政策課 サービス政策課長/教育産業室長 浅野
担当者:坂本、工藤、石澤
電話:03-3501-1511(内線 4021~6)
03-3580-3922(直通)
03-3501-6613(FAX)