1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度9月一覧
  5. 【延期】「新たな電力ネットワークの在り方に関する研究会」を設置します

【延期】「新たな電力ネットワークの在り方に関する研究会」を設置します

2018年9月5日

経済産業省は、新たな電力ネットワークの在り方について様々な視座からの検討を深めるため、「新たな電力ネットワークの在り方に関する研究会」を設置します。
※標記研究会につきましては、12日の開催に向け調整を行っていたところですが、北海道胆振東部地震への対応が引続き余談を許さない状況であること等を鑑みまして、弊庁にて改めて検討した結果、延期すべきとの判断がなされました。第1回の開催日程につきましては改めて調整のうえ御連絡させていただきます。

1.設置の趣旨

電力ネットワークが直面する課題は、系統需要の伸び悩みによる収入の低迷、系統設備の高経年化対策の本格化に加え、再生可能エネルギーの「主力電源化」への対応等、多様化・複雑化しています。

とりわけ、再生可能エネルギーの「主力電源化」については、「日本版コネクト&マネージ」の具体化等、既存系統を最大限に活用するための政策に加え、2030年以降も見据えれば、ネットワークコストの抑制や系統増強や調整力の確保に対する投資環境整備が不可欠となります。

また、デジタル化等のテクノロジーの進展やそれを踏まえた新たなビジネスモデルの可能性についても検討を行うことが必要です。

このため、中長期的視点に立ち、課題・論点を整理した上で、新たな電力ネットワークの在り方について様々な視座からの検討を深める観点から、「新たな電力ネットワークの在り方に関する研究会」を立ち上げることとします。

2.新たな電力ネットワークの在り方に関する研究会(第1回)の概要

日時:平成30年9月12日(水曜日) 9時00分~11時00分
議事:(1)本研究会の議事の運営について
         (2)新たな電力ネットワークの在り方について

本研究会は原則傍聴不可で行いますが、研究会の模様についてはインターネット配信を行います。
また、本研究会の資料や議事要旨は、資源エネルギー庁のHPにおいて公表いたします。

関連資料

担当