1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度9月一覧
  5. 北海道胆振地方中東部を震源とする地震の被害・対応状況について(9月6日(木曜日)9時00分時点)

北海道胆振地方中東部を震源とする地震の被害・対応状況について(9月6日(木曜日)9時00分時点)

2018年9月6日

経済産業省関連の被害状況は、現時点で把握している限りでは以下のとおり。
Twitter「経済産業省@meti_NIPPON」でも、最新状況を発信しています。
経済産業省関連の被害状況は、現時点で把握している限りでは以下のとおり。
  

1.電 力 (9月6日9:00時点)

〇北海道全域で大規模な停電(約295万戸)が発生。現在詳細を確認中。
※系統事故の他、ほとんどの電源が一旦停止していることが影響と想定
※北本連系線2回線(30万kw×2)が停止中
※電源開発の水力発電所全10か所(21万6900kw)が停止中。
※北海道電力の56か所の水力発電所のうち、4か所(高見、東の沢、雨竜、金山)が再起動済み。現在、苫小牧にある火力発電所(苫東厚真)に所内電源を供給しており、火力発電所の立上げ作業中。
※苫東厚真火力発電所1号機2号機に設備損傷(ボイラーの配管)の可能性があるものの、同4号機は被害が確認できないため、他の発電所からの電力を用いて復旧を行う準備中。
※停電の原因は、需給の大半を占める火力発電所が密集するエリアでの地震により、火力がトリップし供給力が足りなくなったこと。(水力は立ち上げているものの、全体の需要を賄うには不足。)。
※火力発電所の設備被害状況は確認中であり復旧作業中。個々の設備被害状況は確認中であるが、エリア最大の電源である苫東厚真火力(全165万kw)1、2号機では設備被害が確認されており、現在4号機の立ち上げを準備中。
※送配電設備については巡視点検中であるが現状大きな設備被害は確認されていないため、電源が立ち上がれば停電復旧が可能となる見込み。
※北海道電力管内の発電機車は高圧で25台であり、順次優先供給先に配備中。東北電力に対しても派遣要請済。
※泊原発について再度外部からの電力供給が停止。現在は非常用ディーゼル発電機で電力供給中。非常用ディーゼル発電機の燃料は1週間分の用意あり。
※北海道電力には数時間以内に電力復旧の目処を立てるよう、また病院等の重要施設には電源車を派遣し、臨時供給に努めるよう指示。
 
 
〇東北電力管内は停電の発生無し。
 

2.都市ガス等(9月6日9:00時点)

【都市ガス・LPガス・旧簡易ガス】
〇現時点で被害なし。引き続き情報収集中。
【熱供給】
停電のため熱供給に係る供給停止が発生中
〇苫小牧エネルギー公社:約700戸
〇苫小牧熱供給:約2,400戸
〇苫小牧熱サービス:約850戸
以上、いずれも設備被害はなく、復電後復旧の見込み。
〇北海道熱供給公社:現在設備被害及び支障戸数を確認中
 

3.製油所・油槽所・備蓄基地・コンビナート(9月6日9:00時点)

【製油所】
〇苫小牧市 出光 北海道製油所  設備被害なし(火災・漏洩なし、職員の無事確認、精製・出荷設備自動停止中)
【油槽所】
〇室蘭市 JXTG 室蘭製造所  設備被害なし(自家発電で通常運転中)
〇苫小牧市 東西OT 苫小牧油槽所  設備被害なし(停電中)
〇苫小牧市 JONET 苫小牧油槽所  設備被害なし(停電中)
〇留萌市 JXTG 留萌油槽所  設備被害なし(停電中)
〇その他道内油槽所 設備被害なし
【備蓄基地】
〇現時点で被害なし。引き続き情報収集中。
【コンビナート】
〇新日本住金室蘭製鉄所敷地内の事業者である三菱製鋼で、冷却水が止まり、鉄の輻射熱で周囲装置に着火する火災が発生。既に制圧済みで、被害拡大の恐れなし。人的被害なし。
【LPガス基地】
〇苫小牧市 アストモス苫小牧基地 設備被害なし(停電のため出荷停止)
〇石狩市 ENEOSグローブ石狩ガスターミナル 設備被害なし(停電のため出荷停止)
※その他、充填所については被害情報なし。非常用発電機で機能維持中。
 

4.石油(SS)

〇現時点で被害なし。引き続き、被害情報集中。
 

5.火薬類

〇現時点で被害なし。引き続き、被害情報集中。

担当

大臣官房 広報室
太刀川、中村、藤井
電話:03-3501-1511(内線 2276)
03-3501-2857(直通)
03-3501-6942(FAX)