1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度9月一覧
  5. 台風第21号に係る停電状況について(9月6日(木曜日)13時00分時点)

台風第21号に係る停電状況について(9月6日(木曜日)13時00分時点)

2018年9月6日

台風第21号に係る停電状況について、お知らせします。
Twitter「経済産業省@meti_NIPPON」でも、最新状況を発信しています。
台風第21号に係る停電状況は以下のとおりです。(合計:約29万戸(北海道電力を除く))9月6日(木)13:00時点

電力

〇関西電力:約264,000戸(12:00時点)
大阪府:約167,000戸 
京都府:約27,000戸 
兵庫県:約21,000戸 
奈良県:約5,000戸 
滋賀県:約4,000戸 
和歌山県:約40,000戸 
※停電原因は電柱倒壊、高圧線断線、樹木接触(倒木)等 。 
※これまでの現地調査で、大阪府岸和田市、兵庫県尼崎市を中心に581本の電柱が倒壊していたことから、関電エリア全体で1000本程度の電柱が倒壊しているものと想定される。
電柱倒壊の影響で配電線が多数箇所にわたり断線する等深刻な被害を受けているため、停電復旧に時間を要する予定。 
※5日10時に関西電力岩根社長が記者会見を実施、明日中を目途に停電の大部分を解消したい旨表明。
※関西電力については、停電戸数を集約するシステムに不具合が生じており、停電戸数の集計や情報発信に時間を要している。バックアップとして、経産省ではツイッター等を活用し積極的な情報発信を実施。 
※太陽光及び風力関連の事故が発生(太陽光9件、風力1件の事故報告有)。水没している太陽光パネルについてはむやみに近づかないように、経産省ツイッターやJPEAを通じて注意喚起を行っている。
※最大停電戸数:約170万戸(4日21:00時点)。夜通し復旧作業を実施し現在までで約144万戸減少。 
※関西電力では中国電力、九州電力、四国電力に対して高圧発電機車約40台の派遣要請を実施(内訳:四国電力 5台、中国電力 20台、九州電力 15台)。発電機車は関西に到着済。
※変電所等の主要設備における被害は発生していない。 
※約8000名体制で待機・復旧対応中。 
 
〇中部電力:約21,900戸 
長野県:約2,300戸 
岐阜県:約17,400戸 
三重県:約1,600戸 
愛知県:約600戸 
静岡県:100戸未満
※停電原因は高圧線断線、樹木接触(倒木)等。 
※最大停電戸数:約73万戸(4日17:00時点)。夜通し復旧作業を実施し現在までで約71万戸減少。 
※病院をはじめとする重要施設等では停電は発生していない。 
※変電所等の主要設備における被害は発生していない。 
※約5000名体制で待機・復旧対応中。 
※本日中の復旧を目指し作業中。

〇北海道電力 : 確認中(6日3:08頃に発生した地震の影響で北海道全域で停電が発生している。)
※停電原因は電柱倒壊、高圧線断線、樹木接触(倒木)等。 
※最大停電戸数:約87,160戸(5日5:00時点) 
 
○東京電力:約200戸 
山梨県:約200戸 
※停電原因は高圧線断線、樹木接触(倒木)等。 
※最大停電戸数:約27,090戸(5日2:00時点) 
※病院をはじめとする重要施設等では停電は発生していない。 
※変電所等の主要設備における被害は発生していない。 
※約600名体制で待機・復旧対応中。 
※本日中の復旧を目指し作業中

担当

大臣官房 広報室長 若林
太刀川、中村、藤井
電話:03-3501-1511(内線 2276)
03-3501-2857(直通)
03-3501-6942(FAX)