1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度9月一覧
  5. 平成30年北海道胆振東部地震による災害に関する電力復旧見通しについて(平成30年9月6日(木曜日)21時00分時点)

平成30年北海道胆振東部地震による災害に関する電力復旧見通しについて(平成30年9月6日(木曜日)21時00分時点)

2018年9月6日

平成30年北海道胆振東部地震による災害に関して、発電所の復旧見通しをお知らせします。
Twitter「経済産業省@meti_NIPPON」でも、最新状況を発信しています。
これまで復旧・稼働した発電所の容量は、約47万kWになります。内訳は、砂川3号機(石炭12.5万kW)、水力(25万kW)、バイオマス(約2.3万kW 、王子グリーン江別エナジー)、音別1号機(石油7.4万kW)です。

現在、今晩中に稼働を目指している発電所の容量は約150万kWであり、これは120万戸の電力復旧に相当します。本日18時時点で目指していた約120万kWから更に前倒しで復旧・稼働を行っており、昨日の北海道のピーク時需要(380万kW)の約4割です。

具体的な発電所の復旧時間の見通しは、奈井江2号機(石炭17.5万kW)及びJPOWERの水力(14万kW)が24時目途。森発電所(地熱2.0万kW )が26時目途。知内1号機(石油35万kW)及び砂川4号機(石炭12.5万kW)が27時目途。奈井江1号機(石炭17.5万kW)が28時目途です。

復旧見通し時間は現在の見通しであり、前後する可能性がありますが、政府及び北海道電力において明日朝までに最大限の対応を行ってまいります。ご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力をお願いします。

担当

資源エネルギー庁 電力基盤整備課
電話:03-3501-1749(直通)