1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度9月一覧
  5. 北海道胆振地方中東部を震源とする地震の被害・対応状況について(9月18日(火曜日)8時30分時点)

北海道胆振地方中東部を震源とする地震の被害・対応状況について(9月18日(火曜日)8時30分時点)

2018年9月18日

経済産業省関連の被害状況は、現時点で把握している限りでは以下のとおりとなります。
Twitter「経済産業省@meti_NIPPON外部リンク」でも、最新状況を発信しています。

1.電 力 (9月18日8時00分時点)

土砂崩れなどにより立ち入り困難な地域を除き、停電は解消。

土砂崩れのため道路が寸断され、復旧車両の立入が困難な55戸についても、可能な限り早期の復旧を目指すとともに、必要に応じポータブル発電機の配布を実施。
最大停電戸数:約295万戸(6日3時08分時点)   

停電の原因 

需給の大半を占める火力発電所が密集するエリアでの地震により、火力がトリップしたことによる供給力の不足。残りの地域は、土砂崩れのため道路が寸断され、復旧車両の立入が困難な地域。可能な限り早期の復旧を目指す。 

各発電所の再稼働に関する状況【9月18日 8時00分時点】 

 発電機車の配備 

節電の状況

9月10日~14日の間、平日8:30~20:30の時間帯(節電タイム)において、需要減1割確保のため、家庭・業務・産業の各部門に対して平時よりも2割の節電を目指すことのご協力を要請。道民の方々のご協力の結果、実際の需要減率は、10~17%(9/5の需要との比較)となった。

その他  

 送配電設備については、電柱の倒壊や土砂崩れに伴う流出、送電鉄塔の倒壊が確認され、復旧作業中。

2.都市ガス等(9月18日7時30分時点)

都市ガス・LPガス・旧簡易ガス・熱供給

現時点で被害なし。

3.製油所・油槽所・備蓄基地・コンビナート(9月18日8時30分時点)

製油所

苫小牧市 出光 北海道製油所 調査の結果、精製設備の一部損傷が判明。詳細は確認中。(通常出荷中)

油槽所

うち、
(JXTG)稚内油槽所(停電復旧、出荷中)、釧路西港油槽所(停電復旧、出荷中)
(東西OT)釧路油槽所(停電復旧、出荷中)
(昭シ)釧路西港油槽所(停電復旧、出荷中)
(出光)函館油槽所(停電復旧、出荷中)、釧路油槽所(停電復旧、出荷中)
(コスモ)函館物流基地(停電復旧、出荷中)

備蓄基地

被害なし。

コンビナート

新日本住金室蘭製鉄所敷地内の事業者である三菱製鋼で、冷却水が止まり、鉄の輻射熱で周囲装置に着火する火災が発生。既に制圧済みで、被害拡大の恐れなし。人的被害なし。

LPガス基地

4.石油(SS)(9月18日8時30分時点)

5.火薬類

現時点で被害なし。引き続き、被害情報集中。

6.工業用水道(9月18日8時30分時点)

道内の7事業全て復電により通常の給水を再開。

7.工場等の停止状況(9月18日8時30分時点)

政府からの2割の節電要請に対応する形で、生産調整をしながら操業を再開する等、操業に向けた報告を受けており、引き続き注視が必要。

8.中小企業・小規模事業者対策(9月18日8時30分時点)

  1. 特別相談窓口の設置
  2. 日本政策金融公庫による災害復旧貸付の実施
  3. セーフティネット保証4号の適用
  4. 既往債務の返済条件緩和等の対応
  5. 小規模企業共済災害時貸付の適用

9.コンビニエンスストア・スーパー(9月18日8時30分時点)

10.被災地への物資の供給状況(9月18日8時30分時点)

個別物資の供給状況

11.その他

苫小牧沖海底下CCS事業

施設の異常はなし。復電後にデータの取得を再開したところ、二酸化炭素の漏出を示唆するデータは確認されていない。

担当

大臣官房 広報室長 若林
太刀川、中村、藤井
電話:03-3501-1511(内線 2276)
03-3501-2857(直通)
03-3501-6942(FAX)