1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度10月一覧
  5. 「自動バレーパーキング機能実証実験」を開催します

「自動バレーパーキング機能実証実験」を開催します

2018年10月23日

経済産業省・国土交通省は一般財団法人日本自動車研究所(以下、JARI)に委託し、平成30年11月13日~15日に今後の自動運転実現に向けた具体的な活用ケースとして開発を進めてきた自動バレーバーキング機能実証実験を広く一般の方々に公開します。

1.概要

今回実施する自動バレーパーキングのシステムは、下図に示す通り「車両」、「管制センタ」、「駐車場インフラ」の3者がお互いに連動し機能分担することで、歩行者および一般車両を排除した限定空間での無人低速自動運転を実施するシステムです。
自動バレーパーキングの利用にあたっては、あらかじめ登録したユーザーは目的や目的地に合わせて自動バレーパーキング駐車場を予約し、最も乗り降りの便利な付帯施設の入口付近などで降車(乗車)し、自動駐車(自動出庫)リクエストを出すことにより、管制センターと車両がやり取りを行い安全に無人低速自動運転および自動駐車(出庫)する仕組みです。
今回公開する機能実証実験では,自動バレーパーキングの機能的な確認を行うとともに、これから普及が予想される自動駐車機能を体験していただくコーナーや、今日の駐車場が抱える課題や、今後提供が予想される駐車場関連サービスの紹介も併せて展示を行う予定です。

2.スケジュール

開催日:平成30年11月13日(火曜日)~平成30年11月15日(木曜日)
(平成30年11月13日(火曜日) 10時~12時にはプレス向け説明会あり)
開催地:デックス東京ビーチ駐車場2階(東京都港区台場1-6)
実施団体:一般財団法人日本自動車研究所
※本機能実証実験は、天候等により変更となる可能性があります。詳細は別添。

3.参加申込

詳細資料

担当

製造産業局 自動車課 ITS・自動走行推進室長 垣見(かきみ)
担当者:間瀬、中野
電話:03-3501-1511(内線 3831~6)
03-3501-1618(直通)