「水素閣僚会議」を開催しました

2018年10月23日

経済産業省及び国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、10月23日(火曜日)に世界で初めて閣僚レベルが水素社会の実現をメインテーマとして議論を交わす「水素閣僚会議」を開催しました。
本会議には、閣僚級、関係企業のトップを含め、世界21の国・地域・機関の代表を含め300人を超える関係者の参加を得て、水素に関する国際連携の重要性を確認するとともに、グローバルな水素利活用に向けた政策の方向性を共有し、その成果をTokyo Statement(東京宣言)として、議長を務めた世耕経済産業大臣から発表しました。
本会議を踏まえ、来年6月に日本が議長国を務めるG20エネルギー・環境大臣会合においても、エネルギー転換・脱炭素化に向けた水素の役割の重要性について議論を行っていく予定です。

会議の概要

  1. 水素供給コスト及びFCV等の製品価格の低減加速化に向けた技術のコラボレーション、基準や規制の標準化やハーモナイゼーションの必要性

  2. 水素ステーションや水素貯蔵に関する水素の安全性の確保や、様々な地域特性に応じたサプライチェーンの構築など、水素利活用の増大に向けて、各国が連携して取り組んで行くべき研究開発の推進

  3. 水素社会実現に向けた認識の醸成・共有に資する水素ポテンシャル、経済効果及びCO2削減効果に関する調査・評価の意義

  4. 水素ビジネスの投資拡大等につながる社会受容性向上のための教育や広報活動の重要性

(集合写真)

(水素閣僚会議(閣僚セッション))

 

(水素閣僚会議(民間セッション)

(ニュージーランド ミーガン・ウッズエネルギー資源大臣との協力覚書署名式)

参考資料

担当

資源エネルギー庁
省エネルギー・新エネルギー部
新エネルギーシステム課長 江澤
担当者: 牟田、田場、葉山、稲垣
電話:03-3501-1511(内線 4558~9)
03-3580-2492(直通)