1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度11月一覧
  5. 外国為替令及び輸出貿易管理令の一部を改正する政令案が閣議決定されました

外国為替令及び輸出貿易管理令の一部を改正する政令案が閣議決定されました

2018年11月6日

経済産業省では、大量破壊兵器の拡散防止及び通常兵器の過剰な蓄積の防止、条約その他の国際約束の履行等を目的として、「外国為替及び外国貿易法」及び同法に基づく外国為替令(以下「外為令」という。)及び輸出貿易管理令(以下「輸出令」という。)による輸出管理及び技術管理を行っています。
今般、(1)2017年の国際輸出管理レジーム会合における合意に基づく規制対象となる貨物及び技術の見直し、(2)国内需給の状況に鑑み一部の血液製剤の規制対象からの削除に関して、外為令及び輸出令の一部を改正する政令案が、本日閣議決定されましたので、お知らせします。

1.改正の概要

具体的な改正内容は以下のとおりです。

外為令別表関係

輸出令別表第1関係

※輸出令別表第1の貨物の追加又は削除により、外為令別表において、これらの貨物の設計、製造又は使用に係る技術が追加又は削除されることとなります。(外為令については、現行の規定で自動的に反映されるものについては、これに伴う改正は不要となっております。)

輸出令別表第2関係

上記外為令及び輸出令の改正に伴い、関連する省令・告示等についても改正します。

2.今後の予定

公布:平成30年11月9日(金曜日)
施行:平成31年 1月9日(水曜日) (別表第1関係)
平成31年 4月1日(月曜日) (別表第2関係)

関連資料

担当