1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度11月一覧
  5. 「荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン」がとりまとまりました

「荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン」がとりまとまりました

2018年11月6日

国土交通省・厚生労働省 同時発表

荷主と運送事業者が連携し、トラック運送事業における荷待ち時間の削減や荷役作業の効率化など、長時間労働の抑制を図るために実施したパイロット事業の成果として、「荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン」がとりまとまりました。

国土交通省及び厚生労働省では、トラック運送業における取引環境の改善及び長時間労働の抑制を実現するための環境整備を図ることを目的として、平成27年度より、学識経験者、トラック運送事業者、荷主、労働組合等の関係者から構成される「トラック輸送における取引環境・労働時間改善協議会」を設置しています。

当該協議会において、荷主と運送事業者が連携し、トラック運送事業における荷待ち時間の削減や荷役作業の効率化など、長時間労働の抑制を図るためのパイロット事業を平成28年度から2か年度にわたり実施し、今般、その成果を「荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン」としてとりまとめました。

経済産業省では、本ガイドラインの周知等を通じ、トラック運送事業における取引環境・長時間労働の改善に向けた取り組みに協力してまいります。

※ガイドラインは国土交通省ホームページ外部リンクをご覧ください。

担当