1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度11月一覧
  5. 東京電力(株)福島第一原子力発電所1~4号機の廃炉に向けた取組について国際原子力機関(IAEA)によるレビューを受け、サマリーレポートを受領しました

東京電力(株)福島第一原子力発電所1~4号機の廃炉に向けた取組について国際原子力機関(IAEA)によるレビューを受け、サマリーレポートを受領しました

2018年11月13日

11月5日~11月13日の間に国際原子力機関(IAEA)により行われた、IAEAレビューミッションのサマリーレポートを本日受領しました。

概要

「東京電力(株)福島第一原子力発電所1~4号機の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ」(以下、中長期ロードマップ)に基づき進めている福島第一原発の廃炉に向けた取組について、11月5日(月曜日)~11月13日(火曜日)に、IAEA調査団(レビューミッション)を受け入れ、国際的なレビューを受けました。
本日、磯﨑経済産業副大臣がIAEAレビューミッションからサマリーレポートを受領しました。これを受け、同サマリーレポートとIAEAが本日行ったプレスリリース(日本語仮訳付)を公表します。
サマリーレポートには、IAEA調査団による、17の評価できる事項(acknowledgement)と、21の助言(advisory point)が示されています。
IAEA調査団は、当該報告書の最終版を2019年1月末までに日本に発出する計画です。
なお、サマリーレポートとプレスリリースは、IAEAにおいて、同日に公表※される予定です。

担当

資源エネルギー庁 原子力発電所事故収束対応室長 比良井
担当者:羽田、下里
電話:03-3501-1511(内線 4441)
03-3580-3051(直通)