経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツールアイコン

家庭用品品質表示法

家庭用品品質表示法は、消費者が日常使用する家庭用品について、品質に関し表示すべき事項や、その表示方法等を定め、家庭用品の品質表示を適正にわかりやすくすることにより、消費者が商品の品質を正しく認識し、その購入に際し不測の損失を被ることがないよう、消費者保護を図ることを目的に昭和37年に制定された法律です。家庭用品は、生活スタイル、ニーズの変化や技術革新等により様変わりしてきており、表示の対象とする品目や表示を行う事項等については、随時見直しが行われています。

対象品目

本法の対象となる家庭用品は、一般消費者の通常生活に使用されている繊維製品、合成樹脂加工品、電気機械器具及び雑貨工業品のうち、消費者がその購入に際し品質を識別することが困難で、かつ品質を識別することが特に必要と認められる品目について、政令で指定されます。

現在は、以下のような90品目が対象に指定されております。

  • 繊維製品:糸、織物、上衣、ズボン、スカート、下着等 計35品目
  • 合成樹脂加工品:食事用、食卓用又は台所用の器具等 計8品目
  • 電気機械器具:電気洗濯機、電気掃除機、電子レンジ等 計17品目
  • 雑貨工業品:魔法びん、机及びテーブル、ほ乳用具等 計30品目

表示を行う事項

対象品目については、次の二つの事項について、それぞれの品目ごとに表示の標準となる事項を内閣総理大臣が告示しています。表示者(製造業者、販売業者又は表示業者)はこの告示に従って品質表示を行うことになります。

  1. 成分、性能、用途、貯法その他品質に関し表示すべき事項
  2. 表示の方法その他(1)に掲げる事項の表示に際して製造業者、販売業者又は表示業者が遵守すべき事項
最終更新日:2017年4月3日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.