製品安全対策優良企業表彰とは

製品安全対策優良企業表彰とは

企業や団体の製品安全に関する優れた取組を表彰する制度です

製品安全対策優良企業表彰(PSアワード)は、2007年(平成19年)に始まり、今回で12回目となります。

本表彰は、製品安全に積極的に取り組んでいる製造事業者、輸入事業者、小売販売事業者、各種団体をそれぞれ企業単位で広く公募し、厳正な審査の上で、「製品安全対策優良企業」として表彰するものです。本表彰では、各企業が扱う製品自体の安全性を評価するのではなく、企業・団体全体の製品安全活動に関する取組について評価します。

  • 製品安全を確保するための体制を審査するとともに、特に優れた取り組みに重点を置いて評価します。
  • 社内の体制(仕組み・ルール)のもとで、実際に行われている取り組みを重要視します。
  • 製品自体の安全性を評価するものではありません。
  • 過去の製品事故やリコールなどの有無は問いません。むしろ、積極的なリコールやリコール回収率を高める取り組みなどを評価します。事故やトラブルの経験を糧に、どのように取り組みを改善したか、どのように体制を整備しているかなどを確認します。

本表彰の受賞企業・団体は、受賞公表日より「製品安全対策優良企業ロゴマーク」を使用して、自ら製品安全対策の優良企業・団体であることを宣伝・広報することができます。

表彰の目的

「製品安全文化」の定着を図り、製品安全が持続的に向上していく社会づくりをめざしています

これまで、身の回りの製品が原因となった事故が数多く発生しており、製品安全に対する社会の要求は高まってきています。そのため企業は、製品の安全性を確保するために、安全な製品の製造・販売や消費者への情報提供が不可欠なものとなっています。

このような中で、本表彰では、企業における製品安全に対する意識の向上と、事業活動や消費生活において製品安全を重要な価値として位置付ける「製品安全文化」の定着を図り、製品安全が持続的に向上していく、安全・安心な社会をつくることを目的としています。

メリット

本制度のメリット

優れた製品安全対策を実施している企業・団体としてのPRにつながります

表彰結果はホームページや広報リーフレットなどを通じ、広く発表されます。受賞の実績は対外的なPRにつながります。

提供する製品・サービスの安全性への信用と企業価値を高めます

製品安全の専門家、有識者による厳格な審査を経て表彰されることで、提供サービスの信用がさらに高まります。

ビジネスの幅を広げる出会いにつながります

表彰式や受賞企業講演会など、あなたの取組が注目される機会が増えます。また、過去の受賞企業同士の交流などもあり、コネクションの幅が広がります。

応募企業・団体からの声
  • 製品安全についてのアドバイスを得られ、自社の強み・課題が明確になりました
  • 製品安全にかかわる関係者のモチベーションが上がりました
  • 製品安全の取り組みを体系的に整理できました
受賞企業・団体からの声
  • 経済産業大臣賞の受賞をPRできました
  • 取材や講演依頼を受けるなど、情報発信の機会が増えました
  • 社員の製品安全に対する意識・スキルが高まりました
  • 受賞をきっかけに新たな取引先を獲得できました
  • 求人への応募人数が増えました
  • お客様からの信頼を高めることに繋がりました

審査委員長からのメッセージ

製品安全対策優良企業表彰 審査委員会委員長 三上 喜貴写真

ご挨拶

本表彰制度は、2007年(平成19年)に創設されました。

今日までの間に、多くの企業が応募されるようになり、業種からみても、地域からみても、また事業者の規模からみても多様な広がりが見られるようになりました。今日では、さまざまな場所、さまざまな場面で本制度のロゴマークを見かけるようにもなりました。

これも、消費者製品の製造、輸入、流通に携わるさまざまな立場の皆様が、真摯に、継続的に製品安全に取り組んでこられた中で、日本の社会に製品安全の重要性に対する認識が広く浸透してきたことの表れと受け止めております。

過去に表彰された企業の皆様は、様々な方法で製品のリスク低減に取り組んでおり、その取り組み方は、とても優れたものばかりです。大企業、中小企業など事業規模の大小を問わず、取り扱う全ての製品に関して、製品事故の発生件数ゼロを目指す企業姿勢は徹底したものがあります。

本表彰制度を通じて、製品を使用する方々の安全が確保され、また、優れた製品安全の取り組みを進める企業や団体の皆様の事業活動がさらに発展されることを願っています。

製品安全対策優良企業表彰 審査委員会委員長 三上 喜貴
(長岡技術科学大学 理事・副学長)

製品安全対策優良企業表彰 審査委員会委員長 三上 喜貴署名

製品安全対策優良企業ロゴマークについて

PSアワードロゴ2017

ロゴマークに込めた想い

本表彰のロゴマークは、Product(製品)の『P』とSafety(安全)の『S』をモチーフに安全なイメージを与える色としてグリーンを使って葉の様に見せています。「Product Safety」という英文表記の入ったオレンジの四角と合わせることにより、チューリップをかたどり、安心をイメージしています。四角は安定、清潔、秩序などのイメージを持ち、四角(製品、安全)を、葉(人の手、企業)で包むように大切にしているということを表現しています。

「 製品安全対策優良企業」の目印(ロゴ使用について)

製品安全対策優良企業として受賞された場合、「製品安全対策優良企業ロゴマーク」を、受賞企業の公表日より無料でご使用いただけます。

名刺や封筒、自社のホームページ等にロゴマークを掲載することで、消費者や取引き先等のステークホルダーに「製品安全対策優良企業」を広くPRすることが出来ます。ぜひ、企業イメージの向上にご活用ください。

使用方法の詳細は、ロゴマークガイドライン(PDF:約2.4MB)でご確認ください。

「製品安全対策ゴールド企業ロゴマーク」とは

PSアワードロゴ2017

経済産業省では、経済産業大臣賞あるいは金賞を計3度以上受賞した企業を「製品安全対策ゴールド企業」と認めるマークを平成26年に創設しました。

本マークは、製品安全対策が顕著に優れているとともに、継続的に本表彰制度の審査を受け、客観的な評価を基に自社の取り組みを意欲的に改善している企業にかぎり、使用できます。

※「製品安全対策ゴールド企業」は、こちら

ロゴマークの使用方法の詳細は、ロゴマークガイドラインでご確認ください。

PSアワード ロゴマークガイドライン (pdf:約2.4MB)