経済産業省
文字サイズ変更

第1部 ものづくり基盤技術の現状と課題
第1章 我が国ものづくり産業が直面する課題と展望
第3節 市場の変化に応じて経営革新を進め始めた製造企業

2.強みを発揮する経営戦略

(1)最適な製品ライフサイクルの実現

①製品ライフサイクルの変化

デジタル化の進展により、技術革新のスピード化が進み、顧客ニーズの変化も早まる中、製品のライフサイクルも短縮化の一途を辿っている。主力事業の主要製品が売れている期間(経済的寿命)を製品ライフサイクルとすると、「一般機械」、「化学工業」は4割近くが10年超と回答しているのに対し、「電気機械」や「輸送用機械」等は5年以内が半数近くに達している(図132-1)。

図132-1 主力事業の製品ライフサイクル

Excelファイル 図132-1 主力事業の製品ライフサイクル(xls/xlsx形式)

 

製品ライフサイクルが10年前と比較してどのように変化しているかを尋ねると、「あまり変わらない」という回答が多い中、すべての業種において「長くなっている」より「短くなっている」企業の方が多い。特に、「電気機械」は34.7%、「化学工業」は30.2%が「短くなっている」としており、製品ライフサイクルの短縮化が進んでいる様子がうかがえる(図132-2)。

さらに、製品ライフサイクルが短くなっている企業に短縮率を尋ねると、「電気機械」は約4割の企業が「50%以上」、約3割の企業が「30%以上~50%未満」と回答しており、また、「非鉄金属」も「50%以上」または「30%以上~50%未満」と回答している企業がそれぞれ34.6%にのぼり、他の業種と比較して製品ライフサイクルの短縮化の進行スピードが早いことが指摘できる(図132-3)。

一方、「輸送用機械」においては、製品ライフサイクルが「短くなっている」企業も16.3%いるものの、14.9%は「長くなっている」と回答しており、一部の企業はライフサイクルの長期化を実現している。

図132-2 10年前のライフサイクルとの比較

Excelファイル 図132-2 10年前のライフサイクルとの比較(xls/xlsx形式)

 

図132-3 ライフサイクルの短縮率

Excelファイル 図132-3 ライフサイクルの短縮率(xls/xlsx形式)

 

図132-4 ライフサイクル短縮化の理由

 製品ライフサイクルが短くなっている理由としては、「顧 客や市場のニーズの変化が速い」が53.5%と最も多く、「技 術革新のスピードが速く、製品の技術が陳腐化しやすい」の 20.7%、「業界が過当競争に陥っている」の15.9%と続いて いる(図132-4)。
 

Excelファイル 図132-4 ライフサイクル短縮化の理由(xls/xlsx形式)

 

②製品の経済的寿命の最適化

このような状況において、適切なライフサイクルを確保するために多くの企業が様々な取組を実施している。中小企業においては、「価格競争に陥らない事業領域へのシフト」に取り組んでいる企業が多く、大企業ではそれに加え「ライフサイクルを長期化するためのブランド戦略、差異化戦略」や「マーケティングの強化」にも積極的に取り組んでいる(図132-5)。一方、「特にない」と回答している企業も中小企業で24.6%、大企業においても16.9%となっている。

図132-5 適切な製品ライフサイクルの確保の取組

Excelファイル 図132-5 適切な製品ライフサイクルの確保の取組(xls/xlsx形式)

 

適切な製品ライフサイクルの確保の取組状況と過去3年の売上高には相関関係が確認できる。特に取組を行っていない企業においては、売上が減少している企業が一番多い。一方、「ライフサイクルを長期化するためのブランド戦略、差異化戦略」、「知的財産の権利保護強化」や「マーケティング強化」の取組を行っている企業は売上が増加している企業が多い(図132-6)。また、「価格競争に陥らない事業領域へのシフト」の取組を行っている企業は売上が減少している企業が少ない。

顧客や市場のニーズの変化は速くなってはいるが、IoTやビッグデータを活用することで、販売後の製品の稼働状況の収集や分析、また、ユーザーの評価などの情報を入手することも可能となっている。利益を出すことが大前提である企業にとって、技術が優れているだけでは製品が売れない今、ユーザーに価値を理解してもらえるような明確なソリューションにつなげることが重要であろう。また、製品のライフサイクルを最適化、長期化することで生み出した利益を、次の投資やマーケティングの強化へ活用する好循環化のサイクルを生み出すことが求められている。

図132-6 製品ライフサイクルの最適化の取組と過去3年の売上高

Excelファイル 図132-6 製品ライフサイクルの最適化の取組と過去3年の売上高(xls/xlsx形式)

<<前の項目に戻る | 目次 |  次の項目に進む>>

経済産業省 〒100-8901東京都千代田区霞が関1-3-1代表電話03-3501-1511
CopyrightMinistryofEconomy,TradeandIndustry.AllRightsReserved.