経済産業省
文字サイズ変更

佐世保魚市場(株)

ロゴ画像:農商工連携88選

規格外の魚を活用した商品開発

写真:佐世保魚市場(株)
長崎県佐世保市
連携団体
  • 佐世保市相浦漁業協同組合、(株)前川製作所
連携の経緯
  • 佐世保魚市場(株)では、平成14年から「もったいない」をキーワードに地元漁協と協力し雑魚の加工販売に取り組んできており、場内の食堂での使用や、下処理後の雑魚の冷凍真空パック、ブイヤベースの材料、ミンチ化した冷凍食材などの形で、生協の宅配、学校給食用、外食産業などに販売。
  • しかしながら、こうした加工品は手作業の部分も多く販売量も未だ少なかったことから、雑魚の価格引き上げを図るため、平成19年度から長崎県のビジネス化支援施策を活用し、水産関係の機械設備についての蓄積が豊富な冷凍機メーカーと連携。
  • より高度な加工を低コストで行うために独自の加工機械を導入し、改良を重ねた。加工に際し、フィーレマシンを60g~120gのアジのサイズに合わせ、腹骨を完璧に剥ぐための微妙な調整を繰り返し、小アジの加工品の商品化を実現。
取組概要
  • 佐世保近海では約300種の魚が水揚げされる豊かな海であるが、雑魚と呼ばれる規格外の魚(旬の魚なのにサイズや数が不揃い等で市場価格が低い)も多く、佐世保魚市場(株)では「もったいない」をキーワードに、今まで買い手が少なく養殖魚用の餌として安価で取引されたり捨てられたりしてきた規格外の魚の加工販売に取り組み、漁業の経営安定化に寄与。
  • 佐世保魚市場(株)は、今年度から長崎県のビジネス化支援施策を活用し、地元漁協、冷凍機メーカーと連携して高付加価値化を目指した新商品の開発に取り組んでおり、加工機械を導入し改良を重ね、平成20年1月には小アジの加工品(寿司ネタ用チルド品とフライ用冷凍品)の商品化に成功。
  • 現在、サンプル品による売り込みで好評を得ているところであり、来年度は、国内のみならず中国やロシアなどの海外を含め販路開拓を行っていくこととしている。
画像(取組概要):佐世保魚市場(株)
地域経済への効果等
画像(地域経済への効果等):佐世保魚市場(株)

お問合せ先

地域経済産業グループ 地域経済産業政策課
電話 03-3501-1697(直通)
FAX 03-3580-6389

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.