トップページ > この冬の節電について

節電をお願いしたい時間帯について

今冬、電力不足が懸念されるため、自主的な節電にご協力をお願いいたします。

今冬、関西電力・九州電力管内を中心に、電力不足が懸念されます。
政府、電力会社におきましては、引き続き供給力の確保に最大限の努力を
してまいりますが、それでもなお電力需要と供給力にはギャップが発生することが懸念されます。
大変なご迷惑をおかけしますが、電力不足による停電の発生を回避するため、
ライフライン機能の維持や生産活動等に実質的な影響が生じない範囲で、
以下のとおり自主的な節電にご協力をお願いいたします。

(1) 関西電力管内の場合

関西電力管内スケジュール画像

<10%以上の節電期間と時間帯>
12月19日〜3月23日 平日9:00ー21:00 (12/29〜1/4を除く)

(1)節電目標
  • ・10%以上の使用最大電力(kW)の抑制をお願いいたします。
  • ・ただし、ライフライン機能等への支障※1や生産活動に実質的な影響を及ぼす場合には、影響が生じない範囲で自主的に目標を設定いただき、節電へのご協力をお願いいたします。その場合には、事業所の業務部門※2については共通目標(10%以上)を上回る節電をお願いいたします。
  • ※1 当該事業所における業務部門以外の部門におかれましては、平成23年夏期の東京・東北電力管内における電気事業法27条の適用に当たっての制限緩和措置の考え方を参考としてください。
  • ※2 業務部門とは、それぞれの事業所における事務・間接部門(オフィス部門等)です。
    (例1)病院:患者への医療サービスの提供に関する設備・機能を除く事務・間接部門
    (例2)鉄道: 列車の運行に関する設備・機能を除く、事務・間接部門
    (例3)金融業:システムセンターなど取引や情報処理に関する設備・機能を除く事務・間接部門
    (例4)製造業:製造部門以外の事務所等
(2)基準電力
前年同月の使用最大電力の値等を基準の目安としてお願いいたします。
(例:2012年1月であれば2011年1月の使用最大電力等の値を目安としてください。)
(3)関西電力管内の複数の事業所で共同で取り組んでいただくことも可能です
<数値目標設定期間外> 12月1日〜12月16日・3月26日〜3月30日 平日9:00ー21:00
経済活動に支障を生じない範囲(照明・空調等の節電等)での節電をお願いいたします。
詳細 / 閉じる

(2) 九州電力管内の場合

九州電力管内スケジュール画像

<5%以上の節電期間と時間帯>
12月26日〜2月3日 平日8:00ー21:00 (12/29〜1/4を除く)

(1)節電目標
  • ・5%以上の使用最大電力(kW)の抑制をお願いいたします。
  • ・ただし、ライフライン機能等への支障※1や生産活動に実質的な影響を及ぼす場合には、影響が生じない範囲で自主的に目標を設定いただき、節電へのご協力をお願いいたします。その場合には、事業所の業務部門※2については共通目標(5%以上)を上回る節電をお願いいたします。
  • ※1 当該事業所における業務部門以外の部門におかれましては、平成23年夏期の東京・東北電力管内における電気事業法27条の適用に当たっての制限緩和措置の考え方を参考としてください。
  • ※2 業務部門とは、それぞれの事業所における事務・間接部門(オフィス部門等)です。
    (例1)病院:患者への医療サービスの提供に関する設備・機能を除く事務・間接部門
    (例2)鉄道: 列車の運行に関する設備・機能を除く、事務・間接部門
    (例3)金融業:システムセンターなど取引や情報処理に関する設備・機能を除く事務・間接部門
    (例4)製造業:製造部門以外の事務所等
(2)基準電力
前年同月の使用最大電力の値等を基準の目安としてお願いいたします。
(例:2012年1月であれば2011年1月の使用最大電力等の値を目安としてください。
(3)九州電力管内の複数の事業所で共同で取り組んでいただくことも可能です
<数値目標設定期間外> 12月1日〜12月22日・2月6日〜3月30日 平日8:00ー21:00
経済活動に支障を生じない範囲(照明・空調等の節電等)での節電をお願いいたします。
詳細 / 閉じる

(3) その他の電力管内の場合(北海道、東北、東京、中部、北陸、中国、四国)

その他の電力管内スケジュール画像

<数値目標なしの節電期間と時間帯>
12月1日〜3月30日 平日9:00ー21:00 (年末年始は12/29〜1/4を除く)

経済活動に支障を生じない範囲(照明・空調等の節電等)での節電をお願いいたします。

詳細 / 閉じる
■被災された地域の需要家の皆様へ
特に無理のない範囲でのご協力をお願いいたします。例えば、昼休みの消灯、使用していないエリアのこまめな消灯等にご協力ください。
■寒冷地の需要家の皆様へ
暖房器機の節電にあたっては、特に無理のない範囲でのご協力をお願いいたします。
 

今冬、お願いしたい「節電」について

  • (1) 使用最大電力(kW)の抑制につきましては、ピーク期間・時間帯※1におきまして、それぞれの事業所等の前年同月※2の使用最大電力(kW)の値等を目安とした基準からの節電をお願いいたします。
  • ※1 各電力会社管内において節電をお願いする期間・時間帯。
    例:関西電力管内であれば、数値目標を設定するのは12月19日〜3月23日(年末年始は12/29〜1/4を除く)の平日9:00ー21:00
  • ※2 2012年1月であれば2011年1月の使用最大電力(kW)等
  • (2) 1日(24時間)を通じた電気の使用量(kWh)の合計の抑制ではありません。
    それぞれに指定された時間帯での節電をお願いいたします。

例)関西電力管内の事業所A(1月)の場合

前年1月の使用最大電力5,000kWに対して、この冬10%以上の節電により、今冬1月における平日(1/3、1/4を除く)9:00−21:00の時間帯は、使用最大電力(kW)が、4,500kWを超えないよう節電へのご協力をお願いいたします。

関西電力管内の事業所A(1月)の場合 グラフ画像
 

推奨環境:IE7以上、Mozilla FireFox3以上(Safari, Google Chrome, Opera でも閲覧可能)