経済産業省
文字サイズ変更

宮沢経済産業大臣の閣議後記者会見の概要

平成27年7月31日(金)
9:44~9:50
於:衆議院分館1階ロビー

冒頭発言

 【2016年G7エネルギー大臣会合】

 私の方から1点御報告がございます。
 来年、北九州市で開催するG7エネルギー大臣会合の日程について報告をいたします。
 G7各国や自治体などとの調整を行った結果、来年の5月1日、2日の2日間とすることを決定いたしました。また、正式名称はG7北九州エネルギー大臣会合といたします。安定的で、持続可能な世界のエネルギーの発展に向け、成果が得られるよう北九州市及び福岡県と一体となって、全力で準備に取り組んでまいります。

質疑応答

 【TPP】

Q: 2点ありますが、1点目はTPPの交渉について、大詰めの交渉が続いていますけれども、今回の期待も含めて、所感を教えていただけますか。

A: 本当に大詰めの交渉が行われているわけであります。全体会合でもあります。また、バイでも最後の詰めを行っておるという状況で、大分進展している分野等々出てきておりますけれども、まだまだ難しい問題が残されておりますので、予断を許さない状況でありまして、何とか甘利大臣に本当に頑張っていただき、攻めるべきところは攻め、守るべきときは守るということで、そういう基本の上で、31日の最終日には合意に達してもらいたいと、大いに期待をしております。

Q: 数少なくなってきた詰めるべき難しい問題というのは、少しずつは数としては少なくなってきている、もしくは進展があった。

A: 具体的には申し上げませんし、私も当省所管部分は知っておりますけれども、全体を把握しているわけではありませんけれども、少なくとも当省所管部分について、進展してきていることは事実であります。

【五輪エンブレム】

Q: 2点目です。
 オリンピックのエンブレムで、大変よく似たデザインを使っています。今後、特許庁で商標登録を進められるのですけれども、所管大臣として登録について、影響も含めて御意見あればお願いします。

A: 今後、商標化について、商標化ということで、特許庁において事務的に進められると思いますけれども、個別の案件、これからの話でございますので、現時点で私の方から何かを申し上げる状況ではないと思っております。

【出光と昭和シェルの経営統合】

Q: 出光と昭和シェルの経営統合が発表されましたが、今回の統合について大臣の評価と国内では業界の設備の過剰が指摘されています。今後の見通しについて、伺えますでしょうか。

A: 今後、経営統合に向けた協議が本格化するわけでありますけれども、エネルギー供給構造高度化法を適用しているわけでありまして、石油業界をめぐる状況というのは、かなり厳しいものがございます。そういう中で、大変前向きな取組として期待をしております。そして、まさに業界全体として設備が過剰であることの解消につながっていくことを期待したいと思っております。

【川内原発】

Q: 川内原発の関連なのですけれども、鹿児島、宮崎、熊本の自治体の議会で、九州電力に対して説明会を開いてほしいという陳情を採択したり、決議をしたりする動きが出てきているのですけれども、九州電力の方は大規模な説明会はしないという方針なのですが、こういう九州電力の対応について、大臣はどう思われるのかというのと、国として九州電力にそういう説明会を促すようなお考えはございませんでしょうか。

A: 本件につきましては、国会でも質問を受けましたけれども、まず住民の方の理解を得るということは、大変大事なことでありまして、九州電力に対してもしっかりと理解を得るような活動をするように指導はしてきております。
 一方で、どういう形で活動するかということは、これはまさに九州電力が考えることであって、九州電力としてはフェイス・トゥ・フェイスでのコミュニケーション活動を積極的に実施してきておりまして、数は必要であれば事務方から後ほど聞いていただければいいと思いますけれども、昨年、一昨年が確か7万人、8万人という方とコミュニケーションをとり、今年も5月までで相当数の方とフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションをとってきているということでありまして、九州電力としてしっかりと対応してきていると考えております。

以上

最終更新日:2015年8月13日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.