経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

世耕経済産業大臣の閣議後記者会見の概要

平成29年5月19日(金)
8:46~8:50
於:衆議院分館1階ロビー

冒頭発言

 【APEC貿易大臣会合】

 おはようございます。私からは2点あります。
 まず1点目ですが、本日夜から23日火曜日まで、APEC貿易大臣会合及びRCEP閣僚会合に出席するため、ベトナムのハノイに出張してまいります。
 APEC貿易大臣会合は、今後のアジア太平洋地域の自由貿易のあり方をめぐって、貿易担当閣僚レベルで率直に意見を交わす今年初めての場となるわけでございます。
 RCEP閣僚会合では、市場アクセスとともにルールを含めたバランスのとれた質の高い協定の実現を目指して、閣僚レベルで大所高所から議論してまいりたいと思います。
 

【新々・総合特別事業計画】

 2点目ですが、先週、東京電力及び原賠支援機構から申請されました「新々・総合特別事業計画」について、昨日、主務大臣として認定を行いました。
 この事業計画は、先週の東電委員会でも御議論をいただきまして、昨年末の「東電改革提言」に沿ったものとして御評価いただきました。私としても、東電自らが今後の改革にコミットをした新生東電の行動宣言として評価して認定することといたしました。
 東京電力は、今般認定した計画に基づいて、改革を必ず着実にやり遂げ、福島への責任を確実に果たしていってもらいたいと考えております。
 私からは以上です。
 

質疑応答

 【USTRライトハイザー代表との会談】

Q: 今お話があったAPEC、RCEPの話なんですけれども、APEC貿易大臣会合についてなんですが、USTRのライトハイザー代表も参加されます。まず、そのバイ会談をする予定があるのかということと、前回の会見で、世耕大臣はライトハイザーさんと日米ウィンウィンの経済関係を一層深めていきたいとお話しされていましたけれども、日本側から具体的な提案があるのでしょうか。
 
A: ライトハイザーUSTR代表も含め、今バイ会談については最終的な調整中でありますから、まだ決まっておりませんが、できれば初顔合わせという形でお会いできればと期待しております。
 会談の内容は、これは会ってみないとわかりませんが、初顔合わせでもありますから、できるだけ向こうの御意見を伺いたいと思いますし、また、これは安倍総理とトランプ大統領の間の首脳会談、あるいは麻生副総理とペンス副大統領の間の経済対話で合意されている日米で高いレベルの貿易投資ルールをつくっていく、その線に沿って有意義な議論ができればと考えております。
 

【高浜原発】

Q: 17日に高浜原発4号機が再稼働の予定をして、一度は出た司法の判断が覆って、また動き出すという形になりましたけれども、この間の経緯をどう思われていますか。
 
A: 司法の判断については、これは行政としてコメントは控えさせていただきたいと思います。
 関西電力においては、安全第一でしっかりと取り組んでほしいと思います。
 
Q: 今後、電気料金の値下げも検討されているみたいなのですけれども、それについてはどうですか。
 
A: これは、もともと値上げの申請を行うときに、再稼働等でコストが下がることがはっきりしたらすぐ値下げをするという条件つきで認可しておりますので、当然それに沿った対応を関西電力側でされると思っています。
 

以上

最終更新日:2017年5月23日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.