経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

世耕経済産業大臣の閣議後記者会見の概要

平成30年2月6日(火)
8:40~8:43
於:衆議院本会議場中庭側廊下

冒頭発言

おはようございます。私からは特にございません。

質疑応答

【丸善石油化学の検査不正問題】

Q: コスモエネルギーホールディングスの子会社の丸善石油化学が取引先との契約に基づく試験や分析を行わずに一部の石油化学製品を出荷していたことが明らかになりましたが、大臣の受け止めと、今後の経産省の対応について教えてください。

A: 丸善石油化学における不正事案については、個別の社の品質保証体制に係る問題でありまして、極めて遺憾だと思っています。
報告を受けた後、直ちに担当部局から安全性の検証、適切な顧客対応、そして原因の徹底究明、再発防止策等の検討を指示したところであります。これらに対して、丸善石油化学側からの速やかな完了を求めていきたいと思っています。
また、丸善石油化学からは、法令違反ですとか安全性の問題はないという報告をいただいていますが、これはまさに取引の信頼にかかわる問題だと考えております。指示した事項だけではなくて、顧客及び社会からの信頼回復に向けて最大限の努力をしていただきたいと思います。
今回の事案は、経団連が呼びかけた自主的点検の中から出てきたものであります。他にもこういう事案があれば、速やかに公表して、きちんとした対応をしていくことが重要だと考えています。

【米国株の大幅下落】

Q: ニューヨーク株式市場が1,100ドルを超す大幅な株安を記録しました。東京市場への影響も避けられないと思いますが、大臣の受け止めをお願いいたします。

A: 株価に関して個別のコメントは控えたいと思いますが、株価下落の背景としては、米国の長期金利上昇を受けた株安などが挙げられているわけであります。しかし、一方で、アメリカももともとは雇用統計がよかったところが発端でありますし、また日本経済も各企業の経常利益が過去最高水準になるなど、日本経済の基調は決して悪くないと考えております。
引き続き市場の動向を注視していきたいと思いますけれども、経産省としてやるべきことは、補正予算を速やかに執行して、生産性革命と人づくり革命の実現をしっかりと進めていくこと、そのことに尽きると思っております。

以上

最終更新日:2018年2月7日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.